引越し 比較 料金。 赤帽引越しの見積もり相場料金!単身で近距離なら安く利用できる可能性大

費用が安い引越し料金満足度ランキング

引越し 比較 料金

「単身で引越しするんだけど、単身パックってお得になるの?」 「単身パックのメリットは、どんなことがあるの?」 「単身パックの比較サイトを探しているんだけどどこかない?」 「クロネコヤマトと日通で単身パックを迷っているんだけどどっちがいいの?」 あなたはこんなことでお悩みではないでしょうか。 単身で引越しを考えている人なら、荷物少ないために出来るだけ安い料金で引越ししたいと考えるのは当然のことです。 そんな時におすすめしたいのが「単身パック」で、運送料を割り勘に出来る事で格安な料金で利用出来ますが、荷物を運ぶ量には限りが有るなどのデメリットもあります。 上手に単身パックを利用して格安で引越しができるように、単身パックのメリットやデメリット、そしてそれぞれの引越し業者のおすすめの単身パックを比較しランキング形式でご紹介します。 ぜひ皆さんも単身で引越しする時の参考にして見て下さい。 引越しの単身パックって何? 単身パックとは、各引越し業者がそれぞれの規格のサイズのコンテナボックスに、家財道具を積んで引越し先まで運搬するサービスのことを言います。 コンテナのサイズも各引越し業者によって微妙に違っていて、大小2つのサイズを準備していたり、料金も似たような価格帯ではありますがそれぞれに違っています。 コンテナサイズにすべての荷物が収まる場合には、格安料金で引越しが出来ますが、コンテナに収まらない荷物がたくさんある様だと、逆に通常の引越しプランを利用した方がお得になるケースもあります。 それだけに自分の荷物が依頼した業者のコンテナボックスに、しっかりと収まるか確認する必要があります。 単身プランとも違うの? 単身プランとは、単身パックのコンテナボックスの中にすべての荷物が収まらない人を対象にしたプランで、単身パックのコンテナは混載便での運搬ですが、単身プランはトラックを貸し切りにて運搬します。 それらの荷物の量に応じて、少ない荷物の場合には軽トラックやライトバン、軽ワゴンなどの車両を利用したり、荷物が多い場合には1. 5tクラスのトラックを利用したりします。 単身パックが混載便なので運送料は割安になるのに対して、単身プランは貸し切りなのでどうしても料金は割高になってしまうデメリットがあります。 訪問見積もりが無い 通常の引越の場合では、事前に引越し業者の担当者が自宅に訪問して、より正確な引越し費用を算出して見積もりを提示してくれます。 しかしこの作業は立ち会いが必要となるために、引越しをひかえている忙しい人にとっては、なかなかわずらわしい作業となってしまいます。 単身パックの場合には、コンテナに決められた量を入れての引越しになるので、ずばりコンテナに入る量が引っ越しの荷物の総量となるので、事前に訪問見積もりをしてもらう必要がありません。 これは引越しを間近にひかえて忙しい人にとっては、大変便利なシステムです。 追加料金も無い 引越しを行った場合には、案外想定外に荷物が多かったり作業員の人数が足りなかったりと、様々な理由で、追加料金が発生する場合がよくあります。 しかし単身パックであれば、決められたコンテナボックスにすべて荷物が収まっている限り、追加で料金が掛かることは無いので安心して依頼する事が出来ます。 混載輸送で格安で引越しができる そもそも単身パックの料金が格安で利用出来る理由には、1台のトラックに何台ものコンテナを積んで運送していくために、運送に掛かる人件費や輸送費を割り勘にすることができます。 そのような理由があって、単身パックは通常の引越し作業よりも格安で利用することが出来るようになっています。 運送時の荷物の破損や紛失のリスクが少ない 通常の引越し荷物の場合には、人の手によってトラックの中に運び込まれ、新居に到着してからもまた何度となく作業員の手によって運び出されるために、どうしても荷物の破損や紛失のリスクがあります。 その点単身パックの引越し用の荷物は、すべて専用コンテナに入れられてトラックで輸送されるため、荷物を直接作業員人が触れることは少ないために、荷物の破損や紛失のリスクは低くなります。 コンテナボックスが大事な荷物を保護してくれるので、通常の引越しの荷物の運送よりも安心して任せられます。 単身パックのデメリットは? 単身パックは、コンテナボックスを利用することによって、格安な料金で引越が出来るサービスですが、配送方法に制限がある為に、以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。 コンテナボックスに入りきらないと割高になる 単身パックは、各引越し業者共に決められた規定のコンテナボックスにピッタリと荷物が収まる荷物の量になることで、運送費用がお得になるサービスです。 したがってこの規定のコンテナに荷物が収まらないと、収まらなった荷物を追加で運搬してもらうことになってしまいます。 その追加の量がかなり多めになってしまったりすると、そもそも単身パックは利用しないで通常の引越し契約の方がお得になる場合も出てきてしまいます。 逆のケースだとコンテナボックスのスペースの中の、半分程度の荷物しか無いような場合には、コンテナボックスを利用するよりも、荷物自体を宅急便などで送った方が安くなる場合もあります。 ダンボールの無料提供や回収が無い 引越業者に一般的な引越し作業を依頼したときには、一定量のダンボールが無料で提供され、引越し終了後には不要になったダンボールはすべて無料で回収されます。 ところが単身パックの場合には、料金を格安で提供していることもあってダンボールの無料提供や、無料回収のサービスは一切ありません。 そのために必要なダンボールはスーパーなどから無料でもらってくるか、インターネットやホームセンターなどで購入するしかありません。 輸送できる荷物のサイズが決まっている 単身パックで輸送できる荷物のサイズは、基本的にコンテナボックスよりも大きな荷物の運送には対応していません。 そのために、コンテナボックスに収まらないソファー・ベット・家具などの大型の荷物がいくつかある場合になると、単身バッでの荷物の輸送は的確な契約とは言えなくなってしまいます。 明らかに単身パックのコンテナには収まらないような荷物がたくさんあるのであれば、無理に単身パックは利用しないで、通常の引越しのプランを選択するようにしましょう。 また1つだけコンテナボックスに収まらない荷物があるという場合には、その荷物だけを「家財専用便」として依頼して運送することも出来るので、そういったときには引越し業者に相談してみましょう。 単身パックの見積もりで必要な情報とは? 単身パックの見積もりを依頼する場合には、電話かインターネットで申込みが出来ます。 その時に見積もりするに当たって必要な情報としては、「運送を希望する日」「郵便番号と現在の住所」「郵便番号と引越し先の住所」「家財の種類と寸法」になります。 これらの情報を伝えることによって、単身パックの見積もりを依頼することができます。 単身パックの料金の相場はいくらくらい? 単身パックの相場は引越し業者によって、また運送するエリアが同一市内から同じ地域内なのか、それ以上なのかなどによっても料金が分かってきます。 同一県内の引越しをした場合に、コンテナボックス1.2㎥程度の容量の運送料金は、平均的な料金だと15,000円程度が相場となるようです。 仮に100㎞を超えるような長距離になったとしても、コンテナボックスを混載便として運送できるために、費用の相場としては20,000円台で利用することが可能です。 荷造りの梱包作業はどうするの? 単身パックの荷造りに関しては、引越しの前日まで自分でダンボール箱などにある程度の荷物は梱包しておきます。 大物の梱包に関しては、引越しの当日になると作業員が到着して、家具や家電などはきちんと梱包してくれるので、お任せで大丈夫です。 また引越し業者によっては、単身パックでの利用に最適な単身用資材パックと言ったような、ふとん袋・食器パット・ダンボールの大小セット・梱包材・クラフトテープなどがセットになったものを斡旋しています。 料金も3,000円程度で利用出来るので、利用すると梱包がかなり楽に出来ます。 単身パックは輸送距離の制限とかはあるの? 単身パックを利用しての荷物の輸送を行う場合には、サービスを提供している地域が各引越し業者によって違い、希望している地域への輸送が出来ないと言う場合があります。 そのために依頼を考えている引越し業者の単身パックが、希望している地域への輸送に対応しているのかを、事前に確認しておく必要があります。 単身パックは利用出来ない期間があるの? 単身パックは、多くの引越し業者が1年間でも一番忙しくなる一定期間 例えば3月20日~4月5日までなど は、利用を休止している引越し業者がいます。 また利用出来たとしても1ボックス当たり2,000円程度、割割増料金を設定しているところもあるので、事前に確認をしておきましょう。 荷物はどのくらいで届くの? 通常の引越しの荷物はトラックを貸し切りにするので、そのトラックが現地に到着すればすぐに荷物を受け取れますが、単身パックは混載便での運搬となるのでそうはいきません。 基本的な考え方としては、宅急便で荷物を送ったような感じになり、距離が近い場合には当日に届けてもらえる場合もあれば、遠距離の場合だと2~3日掛かってしまう場合もあります。 受け渡しの時間指定も可能になっているので、そのあたりをうまく利用して活用していくと良いでしょう。 引越し業者によっては、時間指定をする場合はオプション料金が加算されたり、時間して医自体に対応していない業者もいるので、確認しておきましょう。 単身パックで輸送することができないものは? 単身パックでは、基本的にコンテナボックスに収まらない大型の家電や家具、ソファーやピアノなどの荷物は輸送することが出来ません。 コンテナボックスにどうしても収まらないような場合には、オプションとして家財宅急便としての取り扱いが出来るので、料金は別料金になりますが、そちらを利用するようにしましょう。 クロネコヤマトの単身パックは「単身引越サービスパックmini」の「単身引越サービスパック」の2つのプランが準備されていて、荷物の量によって選ぶことが出来ます。 同一エリア内であれば追加料金無しで利用出来て、「平日割引き」「WEB割引き」「複数ボックス割引き」「エリア割引」など割引き特典がたくさんあります。 おすすめのポイント 大手引越し業者ならではの安心感があり、料金も他社と比べると割引きをフルに利用するとかなりお得になります。 時間指定も無料で行えるので、上手に活用すればかなりお得に引越しが出来ることもあって、非常に人気の高い引越パックとなっています。 参照: 2位 日本通運の単身パック 特徴 運送会社としては非常に知名度の高い、日本通運が取り扱う引越の単身パックです。 日通の単身パックは運ぶ荷物の量に合わせて「単身パックS」と「単身パックL」があり、それぞれ荷物が少なめの場合多めの場合で選択する事が出来ます。 同一エリア内であれば追加料金無しで利用出来て、「WEB割引き」「複数ボックス割引き」「エリア割引」などの特典があります。 おすすめのポイント クロネコヤマトとならんで、知名度は高いのに料金が割安なのがポイントで、割引きプランも豊富に準備してあります。 単身パックSには100万円まで、単身パックLには150万円までの保険金額が付いていて、クロネコヤマト同様に時間指定が無料で利用出来ます。 参照: 3位 ハトのマークの引越センター 特徴 ハトのマークの引越センターには「小鳩プチトラパック」「小鳩パック」「小鳩スカイパック」「青春引越便」と、それぞれの荷物の量や移動距離に応じて々なプランが準備されています。 「小鳩プチトラパック」は同一都道府県まで、「小鳩パック」は200kmを越えるエリアである事などの条件が付いています。 おすすめのポイント 各種ある単身パックの中でも、基本料金が11000円と非常に安い料金を設定しているのがオススメポイントです。 また200kmを越える距離での引越しプランも、うまく活用すればかなりお得に引越しが出来るでしょう。 4位 佐川急便の単身パック 特徴 佐川急便の単身パックは「単身カーゴプラン」といって、最低限度の家財とダンボール5個前後の輸送が出来るサービスです。 積載に制限がある為に単身赴任社荷物の少ない人向けで、料金的には他社と比べてやや高めの設定となっています。 おすすめのポイント 大手の荷物運送会社の佐川急便が行っているという安心感があり、ハウスクリーニング・ピアノ搬送・不用品回収・エアコン取り付け取り外し・荷物一時預かりなどオプションが充実しています。 ネットからの簡単な情報を入力するだけで、簡単に複数の引越し業者からの一括での見積もりを依頼する事が出来るので、大変便利なサービスです。 相見積もりをして費用の交渉をしよう 単身パックの格安料金とは言っても、閑散期などの条件が良いタイミングでオプションなども追加されている場合には、相見積もりをすることで、今の料金よりも安くなる可能性があります。 単身パックの料金は安いから今よりも値引きは無理だろうと諦めないで、相見積もりをうまく活用して今より安い料金になるように、上手に交渉してみましょう。 テレビのCMでもおなじみの引っ越しの一括見積もりの業者はこちら。 是非チェックしてみてください。 それぞれの特徴やおすすめポイントを比較して、よりお得で便利な引越し単身パックを活用してみましょう。 参照: 参照: 参照: 参照: 参照: 参照: 参照: 参照:.

次の

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し 比較 料金

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引越し 比較 料金

引越しは通常期と繁忙期により金額が大きく異なります。 ここでは距離毎の人数別、間取り別の料金相場をご紹介します。 口コミデータから料金相場を算出していますので、それぞれご自身に合った条件の相場を参考にして、見積もり・予約をしてください。 2人~の家族になると通常期でも平均10万円~になり、特に200km~の距離がある引越しでは平均15万円を超えます。 一方で、200km未満の場合は人数に関わらず10万円を切る傾向があります。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しは、200km~遠距離の料金に比べ約半分の料金になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約5万7千円。 3R~の平均10万8千円の約半分の料金になります。 2R~の間取りで200km~の遠距離の場合は10万円を超えていきます。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しに比べ、500km~遠距離の約半分の料金になります。 引越しをする人数が増えたり、間取りが広くなると荷物量が増え、料金が必然高くなります。 また、距離が遠くなるほど金額が高くなるのは、引越し料金の内訳にある『運賃』が高くなるためです。 通常期は総じて繁忙期に比べ料金は安くなります。 その理由は、引越しをする人が少ない分、予約が取りやすく、引越し業者のトラックや人員の調整がつきやすいためです。 2人家族~で別の都道府県へ引越しをする場合は最低でも13万円~必要となるようです。 繁忙期の場合、通常期と比べ料金相場の平均は単身で+約1万円、2人家族で+約3万円、3人家族で+約5万円、4人家族で+約7万円になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約6万5千円。 2R~で平均11万3千円~の金額となります。 距離では、単身であれば距離に関わらず10万円以内、2人家族~の場合は同都道府県内でも10万円~になる場合が多いです。 500km~の遠距離になると、最大で30万円~必要となる場合も。 繁忙期は通常期と逆で引越しをする人が増えます。 その分トラックや人員の調整がつきにくくなり、料金が高くなります。 繁忙期の2月・3月・4月は就職・転勤や学校などの入学時期に当たるため転居する人が増えますが、もし時期を調整できれば繁忙期は避けたいものです。 見積もりを取った社数や訪問見積もりの有無により、実際の引越し料金がどれぐらい変わる傾向があるのか見ていきましょう。 見積もり比較社数別の引越し料金 社数 1社のみ 2社 3社 4社 5社~ 単身 - - 48,426円 - 32,518円 家族 162,980円 73,262円 66,774円 63,132円 49,979円 見積もり社数別では、3社と5社~の比較データがあります。 3社に比べ5社~から見積もりを取る方が単身の場合は約1万6千円安くなっています。 家族の場合はその傾向が顕著で、1社のみなら約16万円、5社~だと約5万円と3倍程度の開きがあります。 この傾向から、複数の引越し業者に見積もりを取れば取るほど引越し料金を安く抑えることができそうです。 見積もり社数を増やすとその分、やり取りの時間が必要で、過剰に電話がかかってくるケースもあるため、ご自身の都合に合わせて社数を調整する必要があります。 訪問見積もり有無の引越し料金 有無 訪問あり 訪問なし 単身 55,035円 32,354円 家族 78,583円 38,037円 引越しの見積もり依頼をすると、特に家族の引越しの場合、荷物量の正確な把握のため家まで営業担当が来て訪問見積もりを受けるケースが一般的です。 訪問見積もりを受けた場合、単身で約5万5千円。 訪問なしに比べ約2万3千円も高くなっています。 家族の場合、訪問見積もりがあると約7万8千円、訪問なしだと約3万8千円で約4万円も高くなっています。 通常訪問なしの場合はメールや電話での荷物量のヒアリングにより金額が決定します。 実際の荷物を見ていない分、余裕をもった料金設定がされ高額になるイメージがありますが、訪問を受けない方が安くなる傾向がありました。 ただ、家族の引越しの場合は、訪問見積もりがほとんどの引越し業者から求められます。 引越し料金は、現在のお住まいから引越し先までの移動距離や、荷物の量、時期によって大きく変わってきます。 まず、相場を知る前にどんな要素で料金が決まるのかを押さえましょう。 引越料金は、大きく分けて、次の4つの要素で構成されます。 言葉だけでもなんとなくわかるかもしれませんが、ここはきちんと理解をしておきましょう。 運賃 移動距離が短い場合は時間、長い場合は距離で計算され、休日や早朝・深夜の場合割増料金がかかります。 法律により上限金額が定められいるので、一定の金額以上が請求されることはありません。 実費 ダンボールやガムテープ等の梱包資材料金に加え、一番大きな金額となるのが引越しスタッフの人件費です。 荷物が多ければそれだけ運ぶ人数が必要になり、料金が高くなるというわけです。 車両留置料 事前に依頼者側で駐車場の手配等ができなかった場合で運送トラックを長時間駐車した際に請求されます。 オプション 通常では行わない特別な作業に対して発生する料金のことです。 どんなものがあるのか、以下が参考になります。 引っ越し料金の相場は、個々の条件によってさまざまです。 以下の料金はあくまで参考程度としておき、まずは引越し会社にお見積もりの依頼をするのがお薦めです。 同じ条件でも会社によっては、料金が安い場合があるので、複数の会社にお問合せすると良いでしょう。 運賃 移動距離または時間、積載量で費用が変わります。 移動距離が100km以下であれば時間、それを超える場合は移動距離となります。 4時間以内で1トン:10,000円〜20,000円程 4時間以内で2トン:15,000円〜25,000円程• 8時間以内で1トン:20,000円〜30,000円程 8時間以内で2トン:25,000円〜35,000円程• 150km迄で1トン:25,000円〜40,000円程 150km迄で2トン:30,000円〜45,000円程• 200km迄で1トン:30,000円〜45,000円程 200km迄で2トン:35,000円〜50,000円程 実費 人件費は人数(作業量に応じて増減)と時間で変わります。 一般的に一人当たり8時間以内ですと10,000円〜15,000円程かかります。 作業量の目安として間取り毎の作業人員をご紹介します。 1DK:運転手1名、作業者1名の計2名• 2DK:運転手1名、作業者2名の計3名• 3DK:運転手1名、作業者3名の計4名• 4DK:運転手1名、作業者4名の計5名•

次の