ライン ポケット マネー。 LINEポケットマネーでお金を借りるには?審査や利用の流れ、返済方法まで詳しく解説

LINE Pocket Money(ポケットマネー)審査落ち 理由と対処

ライン ポケット マネー

(返済手段は、約定返済・随時返済のどちらでも対象になります。 ・本サポートのご利用には、LINE Pocket Moneyのご契約が必要となります。 ・LINE Pocket Moneyのご契約は、スマートフォンからのみ可能となります。 ・LINE Pocket Moneyのご契約は、満20歳以上かつ、日本国内在住の方に限らせていただきます。 ・LINE Pocket Moneyのご契約には、LINE Scoreの取得およびLINE Payにおいて本人確認を行う必要があります。 (既にこれらがお済みの方は不要です。 ) ・2020年4月2日~2020年5月31日までにご返済を行った方が利息の返金対象となります。 ・ご契約のお申込み状況によっては審査に時間がかかる場合がございますので、ご了承ください。 ・審査の結果、ご契約いただけない場合もありますので、あらかじめご了承ください ・本サポートにおける貸付は、総量規制の例外貸付にはあたりません。 ・サポート対象期間より以前にLINE Pocket Moneyでお借入をされているお客さまも対象となります。 ・お借入分にかかる利息は上記「返金の実施日」に記載の2020年4月30日及び2020年5月31日までにお支払いいただいた金額相当額を、上記の各LINE Pay残高付与日に、LINE PayアカウントにLINE Pay残高として付与される予定です(対象期間内の利息を全額返金する場合には、2020年5月31日に随時返済が必要となります。 ) ・各LINE Pay残高付与日までLINE Pocket Moneyを解約していないこと、および付与時点で付与対象のLINE Payアカウントを解約していないことが付与の条件となります。 また、LINE Pay残高付与までの間にLINEアカウントを変更した方は付与されない場合があります。 ・期間中に延滞返済として充当された利息は返金対象となりますが、遅延損害金は対象外となります。 ・期間中に期限の利益を喪失した場合、それ以降のご返済につきましては、返金の対象外となります。 ・お1人様1アカウントでの申請となります。 ・融資の取扱いに関する規約違反等が判明した場合、同一の方による複数のアカウントによる参加、不正なアカウントからの参加や、当社が不正とみなす行為(虚偽、なりすまし、イタズラ等)が発覚した場合、本注意事項に違反する場合その他当社からのご案内に従っていただけない場合等は、参加や付与の権利を無効もしくは取り消しとさせていただきます。 ・LINE Pay残高の利用方法については、LINE Moneyアカウント利用規約に従います。 ・LINE ver. 7未満の方は、LINEのアップデートが必要となります。 ・本サポートの内容に つきましては、予告なく変更される場合があります。 あらかじめご了承ください。 ・情報の取り扱いについては当社 に従います。 ・上記注意事項をよくご確認いただきご同意いただいた上で、LINE Pocket Moneyのご契約を行ってください。 なお、LINE Pocket Moneyのご契約を行っていただいた場合、上記事項にご同意いただいたものとみなします。 0~18. 0% 返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式 返済期間・返済回数 契約極度額30万円以下の場合:1ヶ月~36ヶ月・1回~36回 契約極度額30万円超100万円以下の場合:1ヶ月~60ヶ月・1回~60回 契約極度額100万円超の場合:1ヶ月~120ヶ月・1回~120回 賠償額の予定(実質年率) 遅延損害金20. 0% 担保に関する事項 担保・保証人は不要 審査をする旨 当社所定の審査があります。 ご契約内容をよくご確認ください。 ご利用は計画的に。

次の

LINEポケットマネーの審査申し込み方法は?審査に通過するコツを解説!

ライン ポケット マネー

2018年11月27日、LINEが 個人向け無担保ローンサービスであるLINEポケットマネーを開始すると発表しました。 2019年9月2日にはAndroidとiOSの両方で利用可能になり、利用顧客数をどんどん伸ばし続けています。 LINEポケットマネーは金融機関のカードローンとは異なり、 審査にLINEスコアというAI(人工知能)の信用スコアを使うのが特徴です。 従来のような数字だけの審査ではなく LINEアプリを通じた行動も基準のひとつになるため、今まで審査に通らなかった人もお金を借りられます。 とはいえ信用スコアを導入したLINEポケットマネーの審査は、厳しいのか気になっている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、 LINEポケットマネーの概要や 審査について紹介していきます。 LINEポケットマネーとは LINEポケットマネーは、 AIスコアを使って審査をする個人向けローンサービスです。 企画・運営は、LINEのグループ会社であるLINE Credit株式会社がおこなっています。 LINE Credit株式会社は、 みずほ銀行とオリエントコーポレーション、LINE Financial株式会社の3社が共同出資をし、2018年5月に設立された新しい会社です。 出資比率に関しては、LINE Financial株式会社の公式ホームページにも詳細が記載されています。 引用元: 2019年上半期に開始される予定ですが、どのようなサービスなのか今から注目を浴びています。 LINEスコアの説明と共に、下記で詳しく解説していきます。 LINEポケットマネーの審査は厳しい? LINEポケットマネーは、 みずほ銀行のノウハウをベースとして審査をおこなう予定です。 あくまで銀行の基準で判断するため、誰でも審査にとおるわけではありません。 参考までに、みずほ銀行の主な審査要項を以下にまとめました。 みずほ銀行カードローンの審査要項• 満20歳以上満66歳未満の人• 安定した収入の見込める人• 保証会社の保証を受けられる人 引用元: 実際にみずほ銀行の審査をおこなうのは、保証会社として設定されているオリエントコーポレーションです。 オリエントコーポレーションは、 在籍確認が必須ではないことから、大手銀行の審査よりも比較的通りやすいと言われています。 LINEポケットマネーの保証会社もオリエントコーポレーションになるため、それほど厳しい審査基準ではないでしょう。 LINEポケットマネーは、上記のみずほ銀行とオリエントコーポレーションの審査方法に加えて、 独自のスコアリングデータを使って審査をしていきます。 審査に使われる「LINEスコア」とは、一体どのような仕組みなのでしょうか。 審査にはAI(人工知能)スコアのLINEスコアが使われる LINEポケットマネーは、 LINEスコアのデータを使ってAI(人工知能)が審査をしていきます。 LINEスコアとは、 LINEの利用頻度などLINEアプリを通じた個人の行動に基づいて、信用スコアを算出するサービスです。 どのような関係性の知人とコミュニケーションをとっているか、読んでいるネット記事から何に興味をもっているのかなどを、AI(人工知能)が分析。 その分析結果から、ひとりひとりの行動データをスコア化します。 AIが判断をするため、 ブレがなく、より正確な審査がおこなわれると言われています。 普段、自分が無意識で行動していることでもスコアアップのチャンスなのです。 AIスコアと言えば、みずほ銀行が手がけるJ. Scoreも注目されています。 ScoreはAIスコアリングを活用した個人向け融資サービス J. Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって設立した融資会社です。 日本で初めて、AIスコアリングを導入しました。 自分の性格やライフスタイル、趣味などのさまざまな情報を入力すればするほど分析精度が高まってスコアアップに繋がります。 AIスコアが上がると、好条件でお金を借りられ、提携企業から特典も受けられます。 Scoreの設立後、ドコモやYahoo! も参入を始めており、AIスコアリングはこれからますます広がっていくでしょう。 LINEスコアが高いと審査に有利になる LINEスコアが高いと、審査優遇されます。 また算出されるLINEスコアに応じて、ひとりひとりに適した金利や限度額が決まります。 スコアが高いと審査に通りやすくなるだけでなく、 低金利での借り入れや限度額を大きくしてもらうことが可能ということです。 今までのカードローンは収入状況や勤続年数といった情報のみを重要視しているため、審査に落ちてしまった人も多いでしょう。 会社員に比べてフリーランスの仕事をしている人は、審査に通りにくいのも事実です。 しかしLINEスコアでしたら、 入力した個人情報に合わせてユーザーの行動傾向などを総合的に判断するため、今まで審査に落ちていた人も融資を受けられる可能性があります。 この審査方法を使うLINEポケットマネーが普及すれば、お金を借りられる人の幅がぐっと広がるかもしれません。 step 4審査通過後、借り入れ開始 以上のような、流れになるのではないでしょうか。 これから随時、詳しいことは発表されていくでしょう。 審査時間は1〜3日!年収や年齢などによって日数が異なる LINEポケットマネーの審査時間は1〜3日程度となっており、大手の銀行カードローンよりも手早いのが特徴です。 審査にかかる日数は年収や年齢などといった利用者の属性によって異なりますが、遅くても3日以内には結果が通知されます。 審査に一週間以上かかるカードローンも多い中でスピーディーな対応をしてもらえますので、急いでいる人にもぴったりです。 LINE株式会社の出澤社長は、2018年11月27日の事業戦略発表会で以下のように発言しています。 「急な飲み会などの交際費、出張の立て替えや医療費など、突発的な資金需要へ対応していきたい」 急にお金が必要になった人が利用しやすいローンサービスとなっているため、まさに有言実行といえますね。 とはいえ、今すぐスピーディーに借りたいという人もいますよね。 LINEポケットマネーのスマホで手早く今日中に借りたいのであれば、金融機関が展開するアプリを利用してみてはいかがでしょうか。 最短60分で振込融資はもちろんコンビニATMで借入金を引き出すことも可能ですので、急いでいる人におすすめです。 アプリでお金を借りる方法については、下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。 LINEポケットマネーの利用方法は?LINEを使っていれば誰でもOK LINEポケットマネーとLINEスコアは、 LINEを使っていれば誰でも利用できます。 いまやLINEの国内月間利用者数は、7800万人を超えています。 スマートフォンを持っている人で、LINEをインストールしていない人はゼロと言っても過言ではないはず。 消費者金融の店舗に行くのにためらいがあった人も、いつも使っているLINEから利用できればお金を借りるというハードルが下がるのではないでしょうか。 LINEポケットマネーは契約から返済までアプリで完結できる LINEポケットマネーは 申し込みや審査、借り入れから返済までの流れをすべてアプリで完結できるそうです。 店舗で契約したり、返済のためにATMへ走る必要はありません。 24時間いつでもどこでも、アプリから利用できます。 現状のLINEアプリから使えるのか、LINEポケットマネー専用のアプリが作られるのかはまだ不明ですが、アプリをダウンロードすれば、簡単に利用できること間違いなしです。 限度額や金利はまだ未発表 審査情報と同じく、 借入限度額や金利などの詳細は、まだ発表されていません。 おそらくJ. Scoreに近い条件になると、予測されます。 Scoreの融資条件 貸付利率 0.

次の

LINEポケットマネーの審査に迫る!金利を決める15の質問や審査時間

ライン ポケット マネー

信用スコアによって可視化された信用力は、信用スコアが連携する様々なサービスで活用されます。 その中でも最も活用が期待できるのは、個人の信用力の正確な審査が必要な個人向け融資の業界です。 融資申込み者の信用力を正確に分析できれば、金融機関は適切な条件で融資をすることが可能になります。 チャットアプリで有名なLINEは、信用スコアサービスである LINEスコア を、2019年6月27日に開始しました。 そして、信用スコアを活用した個人向けの融資サービス LINE Pocket Money(ラインポケットマネー) も2019年8月27日に開始しました。 この記事ではLINE Pocket Moneyについて、わかっている範囲での仕組みと、信用スコア「LINEスコア」がどのように活用されるかを解説します。 このページの目次• LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)とは? LINE Pocket Money(ラインポケットマネー) は、個人向けの融資サービスです。 つまり、お金を借りたい個人に対して、LINE Pocket Moneyを運営する「LINE Credit株式会社」がお金を貸してくれるサービスということです。 日本では、大手消費者金融会社のCMがテレビでばんばん流れます。 仕組みとしてはCMで流れるような大手消費者金融会社と近いのですが、LINE Pocket Moneyは 信用スコア と呼ばれる新しいサービスを活用します。 ちなみに、LINE Pocket Moneyが連携する信用スコアは LINEスコア という信用スコアです。 この記事では、LINE Pocket Moneyについて解説する前に、まずは信用スコアを使った融資サービスの仕組みについてまずは解説します。 信用スコア自体について、詳しく知りたい方は下記のリンク先をご確認ください。 2018-05-08 18:12 信用スコアで正確に信用スコアの判断が可能になる 個人が消費者金融などでお金を借りるさい、お金を貸す金融機関は融資の申し込みをする人の• プロフィールなどの属性情報(収入・勤務先・家族構成など)• 信用情報機関が管理する信用情報 などを確認し、総合的に申し込み者の信用力を判断します。 とうぜん信用力が高い方が、貸したお金を返済してくれる確率が高いので、融資の条件は良くなります。 ただ、属性情報と信用情報だけだとデータが少なく、正確な信用力の判定が難しいのです。 なので、これまでは担当者が申し込み者と面談をするなどしてより多くのデータを取得しましたが、これでは店舗の賃貸料や人件費などのコストがかかります。 コストがかかると、結局は融資を申し込んだ側の融資条件に悪影響が出てしまいます。 これを解決するのが信用スコアです。 信用スコアは、豊富なパーソナルデータを分析して信用力を判断します。 なので、• プロフィールなどの属性情報(収入・勤務先・家族構成など)• 信用情報機関が管理する信用情報• 信用スコア これらを総合的に組み合わせて分析することで、より正確な信用力の判断ができるということです。 信用スコアが高いことによるメリットは融資条件 信用スコアをLINEスコアなどの専用サービスで分析してもらい、高い信用スコアを獲得したと仮定します。 もし高い信用スコアを獲得したら、連携するさまざまなサービスでメリットが発生します。 LINE Pocket Moneyの場合は、• 貸付利率(年率)が低くなる• 利用可能額が上がる という直接的なメリットが発生します。 つまり、信用スコアは数値が高ければ高いほど、利用者にメリットが発生する仕組みなのです。 2018-04-23 18:19 LINE Pocket Money(ラインポケットマネー)の仕組み ここまで、簡単ではありますが、信用スコアを活用した融資の概要について説明しました。 ここからは信用スコア「LINE Score」を活用した個人向け融資サービス LINE Pocket Money(ラインポケットマネー) について解説します。 運営はLINE Credit株式会社 LINE Pocket Moneyを運営するのは、チャットアプリを運営するLINE株式会社ではなく、LINE Credit株式会社となります。 LINE Credit株式会社は、• LINE子会社のLINE Financial• みずほ銀行• オリエントコーポレーション の3社の共同出資によって設立された会社です。 つまり、LINEだけでなく銀行や信販系のノウハウを持って運営されている、ということですね。 なので、企業として信頼できるのは言うまでもありません。 LINE Pocket Moneyはお金を貸してくれるサービス LINE Pocket Moneyは、一般的には• 消費者金融• キャッシング• ローン• AI融資 と呼ばれる金融サービスです。 つまり、個人に対してお金を融資してくれるサービスです。 言い換えれば、個人はLINE Pocket Moneyをつかってお金を借りることができるのです。 借りたお金はLINE Payにチャージされる 通常の消費者金融だと、借りたお金は指定の銀行口座等に振り込まれます。 しかし、LINE Pocket Moneyでは、借りたお金はLINEが運営するキャッシュレス決済サービスである LINE Pay にチャージされるようです。 銀行口座等への振込が可能かどうかは、2019年8月現在不明となっています。 もしLINE Pocket Moneyを利用したいと考えているなら、早めにLINE Payの使い方等を理解した方が良いかもしれません。 LINEアプリから申し込みや審査が完結 キャッシング等でお金を借りるとき、利用希望者が会社に対して申し込みをしたり、審査を受ける必要があります。 LINE Pocket Moneyでは、スマートフォンアプリの「LINE」から• 申し込み• 審査 などが完了します。 つまり、無店舗型のサービスとなります。 なので、店舗を訪問したり、紙の書類を記載する必要はありません。 審査等で人と対面することもありませんので安心してください。 信用スコア「LINEスコア」が高いと融資条件が良くなる LINE Pocket Moneyでは融資申し込み者の• 属性情報• 信用情報• LINE Scoreの数値 などの情報をもとに、総合的に融資条件が決定します。 なので、もしLINEスコアが素晴らしく高い数値でも信用情報に傷があったら審査に合格しません。 しかし、属性情報と信用情報に問題がなく、さらに信用スコアであるLINEスコアの数値が高ければ• 貸付利率(年率)が低い• 利用可能額が高い このような条件、つまり良い条件での融資が期待できます。 2019-07-01 17:09 融資は無担保 一般的な消費者金融と同じく、LINEポケットマネーは無担保の融資です。 無担保融資は担保付きの融資と比較して融資の条件が厳しくなる傾向があります。 しかし、LINEポケットマネーの場合は• 人ではなくAI(人工知能)が審査をおこなう• アプリで完結する無店舗型サービス ということなのでコスト削減が期待でき、融資条件も良いものが期待できます。 貸付利率(年率)や契約極度額について LINEポケットマネーの貸付利率(年率)や契約極度額は、それぞれ下記のようになっています。 貸付利率(年率):3. 極度額:5万円〜100万円 LINEポケットマネーと同じく信用スコアを使った融資サービス「J. Score(ジェイスコア)」と比較すると• 貸付利率(年率):0. 契約極度額:1000万円 このようになっています。 Score(ジェイスコア)と比べると小口の融資が増えそうな条件となっています。 思わぬ好条件で融資してもらえる可能性も 信用スコアを使った融資では、申し込み者の返済能力だけでなく、その人の人柄なども信用スコアを使った判断します。 さらに、将来性なども総合的に判断することもあります。 なので、もしいま現在収入が低くても、信用スコアによって将来有望と判断されたらとても良い条件で融資してもらえる可能性があります。 信用スコアを使った融資は、基本的には毎日コツコツ努力をしている人が報われる融資方法ですので、これまでの消費者金融に不満を持つ方はぜひ信用スコアを使った融資サービス、 スコア・レンディング にチャレンジしてください。

次の