朝起き る と 足 が 痛い。 朝起きると足が痛い!これって何かの病気なの?

右か左のかかとだけが痛い!朝起きてすぐに多いのはなぜ?

朝起き る と 足 が 痛い

Contents• 朝起きたらかかとだけが痛かった! 目が覚めたらかかとがとても痛かった、という経験はありませんか? 寝ていただけなのに、と不思議ですし、しかも左右の片方だけが痛むという事も多くあるようです。 この原因と対処法について調べてみたいと思います。 朝にかかとが痛む原因 思い浮かぶケガや夜中に足をぶつけたなどが無く、日中活動をして体が温まってくると痛みがとれるという場合は以下に述べる病気の可能性があります。 足底筋膜炎 足の裏にある足底筋膜という腱が炎症を起こす病気です。 かかと、人により土踏まずのかかと側が痛みます。 原因は「自分の足に合わない靴を履いている」、「マラソンのように長距離を走る人」、「無意識に片方の足に体重をかけながら歩いている」、「偏平足の人」などが多いと言われています。 踵骨棘(しょうこつきょく) 足底筋膜がかかとの方に引っ張られた状態が続くと起こります。 具体的には「かかとの骨に出来るトゲ」のことです。 このトゲが出来る原因として「入院をしていて歩く機会を失われ、退院等でいきなり歩き出した時」、「硬く足の自由度の低い靴(安全靴など)を長時間履き続けた時」、「長時間立ち続けの人」、「無意識でかかとに力を入れながら歩いている人」などに多いと言われジワジワと進行します。 坐骨神経痛 坐骨神経は腰から足にかけて通っている神経で、何らかの原因でこの神経が強く圧迫されると太ももやふくらはぎの他にかかとが痛くなることがあります。 他にもかかとの痛みの原因はありますが、上記は特に多い症例でいずれもケガとは無縁のものばかりです。 寝起きは代謝が戻りつつある状態なので血行も良くなく、そういう状態でかかとに体重がかかり、痛みの因子があると朝起きた時に痛みを生じやすいのです。 特にかかとは体の中で一番体重、つまり負荷がかかるところなので前日までの生活の状況などにより痛みの因子が蓄積されやすいのです。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 しかし無意識に行われている日常の生活にその原因があるのです。 いくつかの理由がありますがおおむね以下のようなものです。 無意識に左右どちらかに力を入れながら歩いている。 普段歩く場所が左右のいずれかに傾いている道路で、自然と傾いている方に体重をかけている。 立ち仕事の場合、やはり無意識にどちらかの足に体重をかける癖がある。 元々左右の足の形状や長さが違う。 などいくつかの原因があります。 「足の長さが違う?」と疑問に思う人もいますが、人間は左右対称の人はいません。 手足の長さはそれぞれ微妙に異なります。 それを補うために無意識に片方の足に体重をかけるような歩き方をしていることがあるのです。 しかも一番体重がかかるのはかかとなのです。 これらの左右の体重のかけ方の違いなどから、炎症を起こしたりしたときに片方の足(かかと)だけが痛いという事が起きます。 もちろん両足同時に痛む人もいますが、左右対称に体重をかけながら歩いている人はいませんから、どうしても片方の足の痛みとなって現れます。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 足底筋膜炎 この症例の場合は正しく対処を行えば比較的短期間に回復することが出来ます。 保存療法 これは足への負担を減らすために運動の制限や靴を最適なものに変えるということをしたり、ストレッチでの治療を行います。 一見一人でも出来そうですが、難易度の低そうな対処法ほど自分流の間違ったことをやりがちなのでやはり医院で指導を受けるべきです。 自己流でやると症状が悪化することがあります。 薬物投与 痛み止めを飲んだり湿布薬などを使います。 市販薬もありますが、症状が重い場合は医師の診断を受けましょう。 薬には副作用などもありますのでこれも自己流は危険です。 手術療法 重症の場合は手術しかありません。 足底筋膜の付着している部分を切除をします。 また症状によってはかかとの骨化した部分の切除も行う事があります。 踵骨棘 初期段階ではマッサージ、電気を患部に流して炎症や痛みを抑える、サポータを付けるなどがあります。 痛みがひどい時はステロイド注射が有効ですが、副作用としてアレルギー反応を起こすことがあるので医師と相談が必要です。 本症例では一般的に進行してもあまり手術は行いませんが、痛みがどうしても取れない時には棘となった部分の骨を削る手術をします。 手術自体は大したことのないものですが、かかとに近い皮膚や筋肉を切開しますので術後しばらくは通常の歩行が困難になります。 入院が必要で退院後もしばらくは松葉杖か車椅子が必要になり、完全に回復するまでにはリハビリを併用しながら1年強かかります。 坐骨神経痛 治療には投薬も行いますが坐骨神経痛を完治させる薬はまだなく、痛み止めの処方が主なものとなります。 よく使われる薬は「非ステロイド性消炎鎮痛薬 NSAIDs」というもので痛み止めとしての効果はありますが副作用として便秘や吐き気を伴う事があります。 しびれや発作的な痛みに対しては「神経障害性疼痛治療薬」が使われ、同じ坐骨神経痛でも症状によって使われる薬がいくつかあります。 いずれも完治させるのではなくて痛みを緩和させるというレベルだという事を覚えておいてください。 また薬ではどうしようもない状況であれば「神経ブロック注射」という注射をします。 これは局所麻酔注射であり、あくまでも痛みの緩和です。 他には手術を行う事もありますが、手術も完治を目指すためではなくて痛みの緩和のためです。 かかとの痛みは何科の医者にかかればよいの? かかとの痛みの治療は個人療法では対処出来ないことが多いので病院に行くことになります。 でもいきなり手術をするわけでもなく何科にかかれば良いのか分からないと思います。 基本は整形外科です。 個人医院や総合病院でも同じですが、総合病院の場合は事前に案内に電話をして確認をした方が良いと思います。 総合病院の場合は必ずしも整形外科が担当とは限らない場合もあるからです。 また整骨院で見てもらうことも選択肢としておススメします。 理由は総合病院などでやっていない整骨やリハビリのノウハウを持っていることがあるからです。 但し手術は出来ないことが殆どですので事前に状況を伝えて相談してみましょう。 整骨院によっては手術以外の治療とリハビリを行い、手術は近隣の病院と連携して対応してくれるところもあります。 (関連記事)この記事を読んでいる方におすすめの関連記事はこちらもどうぞ。 特に片足だけの痛みというのは生活に原因があることが多く、しかも無意識で起きている事ばかりなのでやはり専門家に診てもらい適切な治療と歩き方などの指導を受ける必要があります。 特に踵骨棘の手術を受ける場合は1年以上リハビリをする必要も生じて来ますので痛い、おかしいと思ったら早い段階で受診をしてください。

次の

足の付け根が痛い!内側部や前側の女性に多い症状とその対処法を詳しく解説。

朝起き る と 足 が 痛い

目次はこちら• 足底筋膜炎の症状 引用:orthoinfo 足底筋膜炎とは足の裏側にある膜の炎症です 踵の近くから5本の指についている膜。 通常この筋膜は足のアーチを担っているので 足への衝撃を緩和させる働きがあります。 ランニングやダッシュ、ジャンプによって くり返し足底にストレスが加わると痛みが出現します。 痛みの部位としては踵周辺の足裏の痛みです。 足にかかるストレスによって痛みがでるため 休息をとると痛みが消失するのが特徴です。 ・土踏まずを押してみると痛い ・ランニングするとすぐに足裏が痛くなる ・歩いているだけで足の裏が痛くなる ・長時間立っていると足裏が痛くなる こんな症状がある人は要注意です。 足底筋膜炎になりやすいスポーツ ・マラソン ・陸上 ・バレエ ・バスケットボール などなど。 硬い地面やアスファルトに 繰り返し激しいジャンプやランニング を加える競技に多いです。 足底筋膜炎の3つの原因 主な原因は3つ。 naturum. html 足のアーチには3つあります。 内側、外側、横になります。 これらのアーチ機能が悪くなりアーチが高くなるか低くなるか。 どちらにしても過度な高い・低いは足裏にストレスを加えます。 つまり扁平足でもハイアーチでも足底筋膜炎になる可能性があるのです。 2固くなった足裏とふくらはぎ アーチの機能が低下すると足裏が固くなってきます。 固くなった足裏に何度もストレスを加えると痛みが出現しやすくなります。 特にアキレス腱やふくらはぎの筋肉が硬くなるとアーチも引っ張られてしまいます。 3足首が固い 足首回りが固いと足裏にも影響がでます。 足首の固さの簡単なチェックとしてはしゃがみ込み。 しゃがみこみが踵をつけて出来れば足首の柔軟性は合格です。 4その他 その他の要因としては 走り過ぎや環境(固い路面)、靴が合わないなども影響します。 足底筋膜炎の治療 第一選択はrest(休息。 休むことで足裏にかかるストレスが軽減して痛みが落ち着きます。 どうしても休めない場合はテーピングやインソール、サポーターを使用することで ストレスが軽減されます。 第2選択は温める 冷やすと血流低下と筋肉を硬くしてしまう可能性があります。 第3選択は痛みが落ち着いたらストレッチと筋トレ 痛みがあるうちは休息させることが良い。 ある程度落ち着いてきたら アキレス腱と足の指周りのストレッチをします。 次の足ではなく股関節周りの筋肉を鍛えてください。 これは足にかかる負担を他の関節へ分散するためです。 足底筋膜炎の予防 足にかかるストレスの増大と蓄積が一番の問題。 つまり足のストレスを他の関節に任せて、足首周りを柔軟に保つことが重要。 1足首を柔らかく保つ アキレス腱のストレッチやしゃがみ込みをする 2股関節周りの筋トレをする お尻周りや体幹の筋力をつけて足への負担を減らしましょう。 足底筋膜炎のテーピング オススメのテーピングはキネシオテーピング。 こちらのテーピングを足裏に貼るだけで痛みは軽減されます。 ポイントとしては足裏を反ったままテープは伸ばしすぎないで貼ること。 足底筋膜炎のサポーター テーピングよりも簡単なのがサポーター。 足底のサポーターは足裏に受ける衝撃を和らげるものが多いです。 足裏を支えるとっておきの2つのインソール どちらのインソールもスポーツ選手が使用しているインソール。 効果は抜群。 値段は少し高めですが毎日の一歩を大切にしてあげてください。 足底筋膜炎はこうやって対処!まとめ 多くの場合足底筋膜炎は疲労や使いすぎの場合がほとんど。 まずはしっかりと休むこと。 難しいのであればインソールやテーピングやパッドを入れてもOK! 痛みが落ち着いたらストレッチと筋トレをして再発予防しましょう。 わからないことがあればいつでも連絡ください。

次の

寝起きにかかとが痛い症状の原因は足底筋膜の硬直と足の疲労!

朝起き る と 足 が 痛い

Contents• 朝寝起きに足の裏が痛い!考えられる病気はどんなもの? 朝寝起きに足の裏が痛い! 今までにないような感覚・・・。 ちょっと怖いですね。 足底筋膜炎とはどんな病気かというとその名の通り、 「足の底の筋膜が炎症を起こしている」 足の裏が痛む病気です。 足の裏には、さまざまな筋肉があり、その筋肉を包むように「足底筋膜」という膜に包まれています。 その筋膜が炎症をおこしているのです。 症状には個人差があり、医師でも「足底筋膜炎」と診断するのは難しい病気だと いわれています。 「足底筋膜炎」で一般的に考えられる症状は、 「 朝の一歩目がとても痛い」、 「足裏にしびれなどの違和感が出る時がある」、 「じっとしていると平気なのに歩いたり走ったりすると痛みがある」、 というものです。 足底筋膜炎は、根本的な原因を改善することが出来る正しい治療方法で治療を行えば早期に回復できるものです。 足裏のしびれや痛みが強い場合は、この「モートン病」かもしれません。 「モートン病」の場合、 原因はズバリ「靴」です! ヒールの高い靴など、 足に直接負担がかかりやすい靴を履くことが多い人が発症しやすいようです。 ですので発症する 9割は女性です。 中指と薬指、人差し指と中指などとなり合った二本の足の指にかけて痛みが走ることが多いです。 この病気は聞いたことがある!という人が多いかもしれません。 「痛風」はテレビなどでよく目にします。 この字のごとく風に吹かれただけでも痛い、という意味があります。 いわゆる贅沢病などといわれます。 痛風の検査は、血液検査による尿酸値(血清尿酸値)の測定が基本です。 プリン体は体内で尿酸にかわります。 そのプリン体の含有量が多い食品があん肝や白子、ビールなど贅沢品が多いといったことからそういわれます。 そうした「痛風」といえば、 「足の指の付け根が痛む」という症状の印象が強い病気ですが、足の裏が痛い!という場合もあります。 このように足に痛みを伴った病気の場合は、原因が様々考えられるため自己判断はとても危険です。 マッサージを行ったために悪化してしまった…という話も少なくありません。 ぜひ、足が痛いな…と思ったときは整形外科などの専門医に診てもらうようにしましょう。 かかとが痛い!そんな時に考えられる病気や原因は? スポンサードリンク かかとが痛む場合に考えられる病気を紹介しましょう。 まずは、 「足底筋膜炎 そくていきんまくえん 」です。 この病気は前項で説明した通りのものです。 しかし、放っておくと 「踵骨棘 しゅうこつきょく 」という かかとの骨に棘のようなものが できる場合があります。 これができてしまうと痛みが更に増してしまい、歩くことさえ困難になってしまうので、 早めに受診をするようにしましょう。 次に、 「踵骨下滑液泡炎 しゅうこつかかつえきほうえん 」と呼ばれる病気の可能性もあります。 これは、 「踵骨棘」が発症した場合に併発することのある病気だといわれています。 原因は、 かかとの骨の下にある滑液が炎症を起こしてしまうことです。 かかとの骨以外のものが原因でかかとが痛む場合もあります。 その場所は、 「アキレス腱」です。 アキレス腱が炎症を起こし発症した場合もかかとが痛くなることがあります。 土踏まずが痛い!そんな時に考えられる原因・病気は? 土踏まずが痛い場合に考えられる病気を紹介しましょう。 それは 「足底腺維腫 そくていせんいしゅ 」です。 土踏まずが痛い場合、その部分を触ってみてください。 もし 「硬いしこり」がある場合は、 この病気を疑ってみましょう。 歩くだけで、痛みがあるので早めに専門医を受診してください。 あと病気以外だと、 「偏平足 へんぺいそく 」、 「 開帳足 かいちょうそく 」、 「外反母趾 がいはんぼし 」 などが考えられます。 自身でケアすることもできますが、誤ったケアをしてしまうと更に悪化してしまう危険性がありますので、止めておく方が良いでしょう。 ま と め 足が痛むのは身体の不調が原因の場合もあります。 まだ痛みが少ないから…と放っておくと、他の箇所に支障が出てしまうことも。 軽い症状のうちに治療をするのが一番です。 ぜひ早めに専門医に診てもらうようにしましょう。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の