数学攻略labo。 高専受験対策講座

これで難関大学に受かる!数学おすすめ参考書

数学攻略labo

漢字 定期テストでも高校入試でも、漢字の配点は読み書き合わせて20点前後〜30点あり、かなり大きなウエイトを占めています。 文法 基本的に10点前後ほど出題されます。 テストの回によっては読解問題が減り、文法の配点が多くなることもあると思います。 文法問題は次の種類があります。 活用形・活用の種類• 敬語・敬語の種類• 読解問題 残りの60〜70点分が読解問題になります。 テスト範囲によってはここが古文になったりします。 読解問題は「選択問題」「書き抜き問題」「記述問題」があり、次の種類があります。 接続詞を答える問題• 指示語(「これ」「それ」など)を答える問題• 「〜はなぜか?」と理由を問う問題• 筆者の主張を問う問題• 中央大学理工学部卒• 進学塾Makeage(メイケージ)中学部塾長• 2010年から小・中学生の指導を始める。 2014年に千葉で学習塾のスタートアップメンバーとして参画。 現在も教室長として現場の最前線で小・中・高校生に勉強の指導を行なっている。 また保護者向けに「子どもを前向きにさせる言葉がけ」等のアドバイスを行なっている。 自身の経験、学習塾で日々得ている経験、そして心理学・脳科学・行動経済学の理論を生かし、 毎年生徒の平均偏差値を 7アップさせ、偏差値 10以上アップ者も続出している。 勉強や受験を通じて「自分はやればできる!」という成功体験と揺るぎない自信を得てほしいと考えている。 2017年に「もっとたくさんの子どもたちに勉強を通じて自信と主体性を取り戻して欲しい」という思いから、自身の経験から得られた成績の上がる勉強法と、子どもを伸ばす言葉がけの方法をまとめたWEBサイト 「高校受験ラボ」を立ち上げる。 サイトはたちまち人気に火がつき、開始1年未満で 毎日1万人がおとずれる人気サイトに。

次の

中2中間テストで「結果の出る勉強法」と出題率の高い予想問題の実施

数学攻略labo

パチプロの使う攻略法 「パチプロはどうやって勝てているのか」と疑問に思う方がいるかもしれませんので、具体的に書いていこうと思います。 プロが使う攻略法はズバリ 「期待値攻略法です!」っていうか、ご存知ですよね。 万が一、期待値を知らないパチンカーもいるかもしれないので、簡単に解説していきます。 実は、単純ですが奥の深い攻略法で数学の 大数の法則を利用したものです。 ですので期待攻略法を知るには、大数の法則を知る必要があります。 大数の法則とは 大数の法則とは、経済や保険などにも使われるので理屈だけ覚えておくといいかもしれませんね。 ですが6回振って必ず1回でるとは限らないです。 15回振って1回、3回振って1回とバラバラで 運・引き・ツキなどの言い方をしたりします。 1万回、10万回、100万回と振れば振るほど確率が収束していくという法則のことです。 約100万回転まわすと、誰もが確率通りになる? なので、パチンコにも、その大数の法則を当てはめようというものです。 1500回転まわしているから、もうそろそろ当たるだろうと考えがちですが、毎回抽選なので「何回まわしているから」というのは関係のないことになりますよね。 そして、100万回くらいまわした場合に、1000回で当たり、次に1500回に当たりと仮にツキがなかったとしても、トータル確率はさほど変わりませんよね。 ですので、ツキという要素を考えるのには意味がないということです。 パチプロは大数の法則を利用した期待値攻略です。 パチプロと一般客の会話 一般客「せんぱい、今打ってる台1000円で22回まわるんですよ」 パチプロ「そうか、じゃあ日当2万円くらいだな」 一般客「えっ、負けてますけど」 パチプロ「いやいや、そう意味じゃないんだよ」 一般客「???????」 パチプロ「この台は期待値が2万円ってことだよ、こういう台を毎日打ってると、平均日当が2万円になるってこと」 パチプロ「確率が収束されるから、一日の勝敗は関係ないってことなんだ、もっと長い目で見ないとね」 一般客「どういうこと?」 パチプロ「しょうゆうこと!」 パチプロと一般客の違い パチプロと一般客との考え方は根本的に違いますよね。 パチプロ・・・・クギの良い台だけ打つ• 一般客・・・・でる前の台を選ぶ(オカルト) パチプロ軍団の攻略法はエグい 最近でも打ち子の多いホールは多いですよね。 比較的若者が多いようにも感じますが、10、15年のベテランもいます。 30人のグループや10人くらいのグループがあります。 クギを見て台を選別する役割の人や指定された台を打つだけの人もいますよね。 打つだけと言っても奥が深くて、ただ打っているだけではないのです。 様々な攻略法を駆使しています• 保留2,3個止め• ステージ止め• ラウンド止め• 捻り打ち 細かな攻略法があります。 「上手い人・そうでない人」は差があるようです。 釘見役の人がクギの良い台を選んでも、打ち子が「この台まわらないですよ」と言って、釘見役の人が困っているのを見かけたことがあります。 結局、釘見役のリーダーっぽい人がずっと打ってました。 釘が悪かったのか、打ち方が悪かったのかは、僕にはわかりませんが大変だなと感じました。 仕事ですから色々ありますよね。 ですので、そう簡単なものじゃないのだと思います。 1カ月25日計算で225万回です。 回転数は大当たりが少ないと3000回超えるでしょうし、当たりが多いと2000回転とかで誤差はありますが1カ月で225万回転させると、さすがに収束も早いですよね。 ですので、6万円負けの人、3万円勝ちの人、1000円勝ちの人と様々ですが、トータルで期待値分の大勝ちですよね。 エグいですよね。 大勝ちするときと、大負けするときがありますが「大負けする=そう回転数が多い」ということになるので、 負け金額を減らす攻略法とも言えそうですよね。 ただ、ひとりでプロになる場合は収束しにくいと言ってました。 打ち子の人も流石にピンだと収束の波が荒くなるのでトータルで勝てても、大負けする月がこわいそうです。 確かにそうかもしれないです。 オカルトは論外 プロからすれば、オカルト的な発想はアウトです。 期待値攻略法というのがあるので「出そうな台、ハマりそうな台、もうそろそろ当たりそう」などは考えても意味がないです。 クギの良い台をひたすら回せば勝てるという攻略法だからです。 半日打って、期待値が低ければ更にクギのいい台に移動するだけです。 一般客は、「 ハマりそうな台」から「 出そうな台」へと移動を繰り返すことが多いですよね。 結局「ハマりそうな台」は他人が爆発させてたりしますよね。 逆に「出そうな台」へ移動してハマったりします。

次の

【収益還元法の攻略法】直接還元法の基本式を理解する!

数学攻略labo

Contents• 入試全体における数学の重要性 一橋大学の入試では、各学部の配点は次のようになっています。 これを見ればわかるように、社会学部以外の3学部では特に数学の配点が大きく、合否を左右する科目となっています。 数学を0完(ひとつも完答できない)で合格するというのはよほど他の科目が突出していない限り難しいといえるでしょう。 どれだけ数学が苦手だ、という人でも1~2完はできるようにしないといけません。 となっています。 一橋の数学はとても難易度が高いことで有名で、文系数学の最難関といわれています。 理系の生徒でもなかなか解けないようなものが出題されます。 よく言われる特徴としては、「問題文がシンプル(=ヒントが少ない)で、計算量はそう多くないもののひとつひとつの事項に対する深い理解が求められている」ということ。 「設定が少し複雑、計算量も多く限られた時間内で問題を処理する能力が問われている」のが東大の数学だとすると、一橋数学は問題の難易度自体は東大より高いという人も少なくありません。 また、「出題範囲に偏りがあり、頻出分野の問題が毎年のように出題される」というのも大きな特徴として挙げられます。 これは実は地歴公民をはじめほかの科目にも通じる部分ですが、一橋の入試問題は全体的に難易度が高いぶん出題範囲が偏っていることが多いです。 大学の過去問をしっかり研究し、対策をしてくるというのが一橋大学の求める受験生像なのではないかと推測します。 それでは、具体的に頻出分野を確認しましょう。 頻出分野をチェック! 頻出分野としては、「整数」「確率」「微積分」「図形」「ベクトル」の5つが最頻出です。 とりわけ、「整数」「確率」については毎年必ずといっていいほど出題されています。 過去問をしっかり研究して、解法の引き出しを増やしておくことが必要です。 整数 整数問題は、問題によって難易度がかなり変わる分野だといっていいでしょう。 基礎問題の延長線上のような問題が出るときもあれば、超難問といっていいような問題が出ることもあります。 必ず毎年出題される分野でもあるので、しっかり対策をして落とさないようにしたい分野です。 解き方のバリエーションはそこまで多くないですが、本質的な理解が問われる良問が多く出題されているので過去問の研究が重要です。 必要ならば、次のような参考書を使うなどして特別に対策をするのもおすすめです。 確率 確率も整数と同じように毎年必ず出題される分野です。 ほとんどの問題では個数などが一般化されており、苦手とする受験生が多い分野になっています。 また、数列(特に漸化式)と関連付けて解かなければいけないものが多く出題されています。 確率漸化式は一橋受験生には必修の分野なので、あまりないかもしれませんが問題を探して解いていきましょう。 微積分 微積分は、他の分野に比べて易しめの問題が出ることが多いといわれています。 逆に言えば、その微積分を落としてしまうとほかの受験生に差をつけられてしまう分野にもなりえるので基礎問題は徹底的にやっていく必要があります。 煩雑な計算が求められるものもたまに出題されるので、計算ミスには気を付けてください。 図形・ベクトル 図形問題は比較的難しいものも出題され、問題文にはベクトルがおかれていなくても図形問題の中でベクトルを用いて解くものも出てきます。 図形問題への対処法は初等幾何、座標、三角比、ベクトルの4つに分けられますが、相加相乗平均の不定式や整数条件などを用いなければ解けないものもあり、数学全体への深い知識が求められる分野といってもよいでしょう。 完答できなかったとしても、図が丁寧に描けていたり適切な文字を設定することができていれば部分点が与えられるので図は丁寧、正確に描くように気を配っていきましょう。 本番に向けての対策 一橋大学の数学を攻略するにあたり、大切なことはまず「公式・定理への深く、正確な理解」になります。 これがなければ過去問をたくさん解いて答えをみても、表面的な理解にとどまってしまいます。 教科書レベルの公式などは証明も含めておさえておきましょう。 次に、その前提がクリアできたら「解法暗記」にうつりましょう。 解法の引き出しを増やしていくことが過去問演習の効率を高めていきます。 「解法暗記」については、以下の記事を参照してください。 最後に、もちろん「過去問演習の徹底」です。 何回も繰り返し解き、完全に自分のものとなった過去問を1題ずつ増やしていきましょう。 まとめ これで、一橋の数学の攻略法は以上になります。 難易度が高い問題ですが、何回も繰り返し過去問を解いていくこと、得意分野を作ることで得点は必ず伸びてくるはずです。 完答できなくても部分点をとりにいって2完以上することができれば、十分合格ラインに達するといえます。 あきらめずに頑張ってください! 【PR】スタディサプリでテスト対策から難関大対策まで スタディサプリは高校1,2年生であれば定期テスト対策や受験の基礎固めとして、受験生なら志望校対策として活用できます。 スマホで学習を進めていくので、学校や予備校の勉強を平行して進めることができます。 月額980円と一般的な予備校に比べると圧倒的安価で学習が可能なうえ、2週間の無料体験期間もあるので自分自身の勉強の中にどのように組み込むことができるかまずは試してみてください。 【PR】教材の質・難関校受験に定評ある【通信教育のZ会】 【PR】大学・短期大学・専門学校の進学情報のスタディサプリ進学 スタディサプリ進学は、将来なりたい自分探しをサポートし学部・学科選びと学校探しをサポートする進学情報サイトです。 気になる学校のパンフレットはこちらから!.

次の