コロナ の ワクチン。 「2021年前半開始」国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン

大阪大チーム、コロナの画期的“DNAワクチン”開発…米国勢との連携で中国に対抗へ

コロナ の ワクチン

図1 新型コロナウイルスの表面に無数あるS蛋白質。 この突起を認識するワクチンの開発が急ピッチで進んでいるが…(画像:123RF) 終息の見通しが付かない新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)。 世界保健機関(WHO)のTedros事務局長は、2020年3月23日の記者会見で、「パンデミック(世界的な大流行)が加速している」と表明した。 WHOが同日に公開した資料からも、主に欧州と米国での感染者が急激に増えていることがわかる。 感染拡大に歯止めが効かない中、期待が高まっているのがワクチンだ。 新型コロナに対するワクチンを巡っては、米Trump政権がワクチン開発に取り組むドイツCureVac社に対して、多額の資金提供の見返りに米国だけに独占的にワクチンを供給させようとしたなどの疑惑が、2020年3月中旬に複数のメディアで報じられた。 CureVac社は3月15日、これらの報道を否定。 世界中の患者を対象に、ワクチン開発を進めていると強調した。 その後、3月16日には欧州委員会がCureVac社のワクチン開発を支援するために、8000万ユーロ(約95億円)を提供したことも発表している。 これらの一連の騒動からも、世界中が新型コロナの感染拡大に焦りを感じると共に、ワクチン開発に大きな期待を寄せていることがうかがえる。 ワクチンはなぜ感染症に効果があるのか そもそもワクチンとは、疾患の発症や、重症化を予防するために投与する、弱毒化あるいは無毒化した抗原(病原体や、病原体の一部など)のことを指す。 病原体に感染する前にあらかじめ投与しておくことで、病原体に対する免疫を獲得できる。 免疫は、そのメカニズムによって2つに大別される。 1つ目は、液性免疫と呼ばれ、ワクチンの接種や過去の感染によって体内で作られる抗体が活躍する。 抗体には、病原体などに結合することで感染力や毒性を失わせる作用を持つものや、マクロファージなどの免疫細胞による取り込み・処理を助けるものなどがある。 2つ目は、細胞性免疫と呼ばれ、マクロファージやキラーT細胞といった免疫細胞が病原体や病原体に感染した細胞を直接取り込み(貪食と呼ばれる)、処理することで体を守るシステムだ。 関連記事: 関連記事: 不完全なワクチンでは危険性が高まるか? 順調に進んでいるワクチン開発だが、実用化に向けた懸念もある。 その1つが、ワクチンの接種などにより起こりうる「抗体依存性感染増強(ADE)」と呼ばれる現象だ。 本来、ウイルスなどから体を守るはずの抗体が、免疫細胞などへのウイルスの感染を促進。 その後、ウイルスに感染した免疫細胞が暴走し、あろうことか症状を悪化させてしまうという現象だ。 ADEの詳細なメカニズムについては明らかになっていないことも多い。 ただこれまでに、複数のウイルス感染症でADEに関連する報告が上がっている。 例えば、コロナウイルスが原因となる重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)に対するワクチンの研究では、フェレットなどの哺乳類動物にワクチンを投与した後、ウイルスに感染させると症状が重症化したとの報告があり、ADEが原因と考えられている。 また、ネコに感染するネココロナウイルス感染症でも、ウイルスに対する抗体を持ったネコが、再び同じウイルスに感染することで重症化するとの研究報告がある。 ネココロナウイルス感染症の研究に取り組む、北里大学獣医伝染病学研究室の高野友美准教授は、そのメカニズムについて、「抗体と結合したウイルスが、抗体の一部分を認識する受容体を介してマクロファージに感染する。 すると、マクロファージは症状を悪化させる因子を過剰に放出し、結果的に症状が悪化してしまう。 抗体の量が中途半端であると起こりやすいと考えられているが、どのような条件で起きるのかはよく分かっていない」と説明する。 高野准教授らは、ネココロナウイルス感染症に対して、抗体が関与する液性免疫を誘導することなく、細胞性免疫を優位に誘導するワクチンの開発に取り組んでいる。 高野准教授は、「新型コロナウイルスでADEが起こるかどうかは明確ではないが、細胞レベルの実験で検証できるはず。 既に検証している研究者がいてもおかしくない」と説明。 また、「細胞性免疫を誘導するワクチンの開発は、(ADEを防ぐための)1つの手段になり得る」(高野准教授)という。 また、新型コロナウイルスに関する米国の研究報告では、「ウイルスのS蛋白質のうち、感染において特に重要な役割を担う一部の領域をターゲットにしたワクチンを開発するべき」などと指摘。 加えて、「S蛋白質に対する不完全な免疫(抗体)が誘導されれば、ADEが起こる可能性がある」と警鐘を鳴らしている。 多くの人々が期待を寄せるワクチン。 海外に後れを取っているものの、一部の国内企業も開発に乗り出している。 日本製薬工業協会(製薬協)の中山讓治会長は、「ワクチンの研究開発では、政府がかなりの特例を出したとしても、有効性と安全性を科学的に検証した上で提供する必要がある。 大変悩ましいが、実用化までに1年以上かかるのが通例」と話す。 世界各国で、急ピッチで研究開発が進められているが、安全性の検証は避けては通れない。 新型コロナウイルスでも浮上したADEのリスクとどのように向き合うか、今後の研究に注目したい。

次の

ワクチンが効かない?新型コロナでも浮上する「抗体依存性感染増強」:日経バイオテクONLINE

コロナ の ワクチン

大阪大学(「」より/Vitalie Ciubotaru) 「新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎながら経済をどのように正常化させていくか」 世界が新しいステージに入りつつあるなか、ワクチン開発の重要性が高まっている。 筆者は4月28日付本コラムで 森下竜一大阪大学教授のワクチン開発への取り組みについて紹介したが、森下氏が5月に『新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか!?』(ビジネス社)を出版したことから、本稿ではその要点をかいつまんでお伝えするとともに、現在展開されているワクチンの開発競争が今後の世界の安全保障に与える影響について考えてみたい。 世界保健機関(WHO)によれば、現在世界で新型コロナに関して125のワクチン開発プロジェクトが進行中だが、多くの専門家は「新型コロナウイルスのワクチン開発は容易ではない」と指摘している。 森下氏も「新型コロナウイルスはウイルス量が少ないから体内で抗体ができにくい。 コロナウイルスのワクチンの卵での培養も成功していないことから、製造の見通しが立っていない」と同様の見解である。 「国民の6割以上をウイルスに感染させて集団免疫状態にする」という戦略については、「新型コロナウイルスの抗体の持続期間が不明である。 インフルエンザのワクチンは、3カ月ぐらいで抗体がなくなってしまう」と森下氏は否定的である。 やはりワクチンが必要ということだが、森下氏が開発しているのは従来の方法ではなく、DNA(遺伝子)ワクチンという新しい製造法である。 DNAワクチンとは、ウイルス本体ではなくウイルスの遺伝子情報のみを入れる方法である。 ウイルスの遺伝子情報を入れたプラスミドDNAと呼ばれるベクター(運び屋)を体内に入れると、ウイルスが細胞に侵入する際に用いるSタンパク質(表面のトゲの部分)が大量に発生する。 体内にSタンパク質が大量に存在するようになれば、これに対して抗体ができるというわけである。 従来のワクチンの培養法で必要となる有精卵が国内でほとんど生産されていないのに対して、DNAワクチンの場合はプラスミドDNAを大腸菌の中に入れて大腸菌ごと増やせることから、大量生産が容易であり、製造コストも安い。 DNAワクチンは保存しやすいとされている。 「ウイルスが変異してワクチンの効力がなくなるリスクはないか」との懸念について、森下氏は「現段階ではSタンパク質に関する変異が生じておらず、今後もその可能性は低い」とワクチンの有効性に太鼓判を押している。 日米ワクチン同盟の必要性 森下氏のチームは7月から治験を開始する予定であるが、遺伝子を用いたワクチン開発は米国勢が先行している。 米バイオ医薬企業のモデルナは5月18日、「初期段階の治験で被験者45人全員に抗体ができた」と発表した。 モデルナが採用しているのは、タンパク質をつくる信号であるメッセンジャーRNAを体内に入れて抗体をつくるという方式である。 DNAとメッセンジャーRNA、どちらも遺伝子情報だけを使うことから、ウイルスが体内に混じるという危険性はない。 違いは生産能力とコストだが、森下氏によればDNAワクチンに軍配が上がるという。

次の

日本発「コロナワクチン」開発は成功するか

コロナ の ワクチン

寄付先一覧 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、ワクチン・治療薬の開発等を行っている以下の大学から選択できます。 ご自身で寄付先をお選びいただくことも、当社にお任せいただくことも可能です。 (当社にお任せいただいた場合は、全先に寄付金を原則按分して寄付いたします。 ) 寄付先 主な活動内容 (詳細は寄付先のHPをご参照ください) 東北大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 北里研究所 治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 東京大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 東京理科大学 治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 名古屋大学 (国立大学法人東海国立大学機構) 治療薬の開発 寄付先HP: 金沢大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP:、 京都大学 ワクチン・治療薬の開発 寄付先HP: 大阪大学 ワクチンの開発 寄付先HP: 神戸大学 ワクチンの開発 寄付先HP:、 岡山大学 治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP:、 広島大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: 愛媛大学 治療薬の開発 寄付先HP:、、 九州大学 ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用 寄付先HP: ご注意ください• 本件寄付口座のご利用に関しまして、当社職員から以下を行うことは一切ありませんのでご注意ください。 (1)お客さまに当社職員が訪問・電話にて寄付を勧誘すること• (2)お客さまに代わってATMやインターネットバンキングを操作して寄付口座への振り込みを行うこと• (3)お客さまの通帳・印鑑やキャッシュカードをお預かりすること• (4)キャッシュカードの暗証番号やインターネットバンキングのパスワードをお聞きすること• 当社にお振り込みいただく際の振込手数料はお客さまのご負担となります。 寄付先については、当社が提示する寄付先候補から当社所定の手続きによりご選定いただきます。 但し、当社が特定の寄付先を推奨することはありません。 お選びいただく寄付先候補の活動内容について、当社は一切責任を負いません。 「寄付先一覧」に掲載している団体への寄付は、寄附金控除の対象になります。 寄付金にかかる税制についてはをご確認ください。 詳しいご照会は、税理士もしくは税務署へご相談ください。 寄付先に対して、寄付金領収書送付のために氏名・住所等必要な情報を提供します。 寄付先の指定がなく、全寄付先へ寄付金を按分して寄付し端数が出た場合、その端数については所定の寄付先へ寄付いたします。 申込フォームの氏名・住所等や振込時における依頼人名を正しく入力されない場合、領収書が発行されず、お客さま指定の方法によらず全寄付先に按分して寄付いたします。 本件寄付口座は、個人のお客さま限定です。 お振り込み後は、原則資金の返却はできませんので、ご了承ください。

次の