嫉妬の化身。 韓国ドラマ 嫉妬の化身 キャスト 相関図

嫉妬の化身キャスト・相関図・視聴率は?

嫉妬の化身

「嫉妬の化身」24話(最終回)あらすじ ナリの気持ちを受け入れたファシン。 二人がベッドインし、家に入れずに外で待っていたチヨル。 クローゼットの中に、ピアスの片側が落ちていることに気付くファシン。 式場に行き、結婚式の申し込みをするファシン。 社長の指示で、社内幼稚園の管理チームに行けと言われるファシン。 ナリは朝のニュースからも外され、待機となる。 ファシンが幼稚園に飛ばされ、報道局に戻れなくなったことを聞き、驚くナリ。 ショックで泣くナリを慰めるファシン。 ナリを式場に連れて行くファシン。 こんな状況で結婚式の日取りまで勝手に決めたファシンに驚くナリ。 挨拶や進行してくれる人を考えるナリとファシン。 クローゼットから見つかったピアスがジャヨンのものだということが分かるファシン。 台所にあるお金の封筒を見つけ、ジャヨンたちを問いただすファシン。 ファシンに土下座して謝るパルガン。 結婚を目前として、退職届を出すファシン。 それも破り捨てる報道局長。 報道局長の計らいで、ラジオの健康番組のDJをすることになったファシン。 ファシンの彼女がナリだと言うことが分かり、親友の彼女を取ったのかと激怒するファシン母。 ラクの彼女として、ジャヨンが気に入らないテラ。 ジャヨンにお金の封筒を渡すテラ。 自分が上手くできる放送は何か?好きなことは?と自身に問いかけるナリ。 今までの仕事の中に、気象キャスターが一番好きだったことに改めて気付くナリ。 喜ぶソンスク。 クリスマスイブに、結婚式を挙げるナリとファシン。 進行を務めるジョンウォン。 仕事で出席できない父親に代わり、ナリの手を引くチヨル。 主治医からの祝辞を受ける二人。 祝いの歌を歌ってくれるパクPDたちと一緒に踊るファシン。 白髪になったおばあさんになっても気象キャスターを続けるナリ。 一生心配しながらお前を愛するんだ。 一生心配しながらお前と生きるんだ。

次の

韓国ドラマ 嫉妬の化身 キャスト 相関図

嫉妬の化身

本作は同時間帯ドラマ視聴率No. 1も獲得した大ヒットロマンティックコメディです。 主演のコン・ヒョジンさんは本作の脚本も手掛けるソ・スクヒャンさんとタッグを組んだ「パスタ~恋が出来るまで~」や「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」など数々のヒット作があり、ラブコメの女王、視聴率の女王とも呼ばれています。 本作においても2016年SBS演技大賞最優秀演技賞(ロマンティックコメディ部門)を共演のチョ・ジョンソクさんと共に受賞しています。 チョ・ジョンソクさんは「ああ、私の幽霊さま」や「建築学概論」などが有名で、多くの映画やドラマで主演されています。 そして、「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でスターの仲間入りを果たしたコ・ギョンピョさんも多くの映画やドラマで活躍中。 今作で2016年SBS演技大賞ニュースター賞を受賞しています。 他にもソ・ジヘさんが特別演技賞、更にチョ・ジョンソクさんは10大スター賞も獲得し、結果合計5冠獲得となりました。 ちなみに、本作がチョ・ジョンソクさんとコ・ギョンピョさんの地上波ミニシリーズの初主演作品です。 このメイン3名以外にも多くのベテランや若手が登場しますが、その中でムン・ガヨンさんとアン・ウヨンさんに注目です。 ムン・ガヨンさんはドイツ生まれで10歳で子役デビューし、ドラマ、映画、CMなどで活躍し、2014年には東方神起のチャンミンさんと共演したMnet「Mimi」で初主演も飾っています。 アン・ウヨンさんは2015年ドラマ「錬金術師(恋金術師)」でデビューし、その後「風船ガム」や「ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人」で人気を集め、このドラマ以降では「力の強い女ト・ボンスン」でボンスンの双子の弟役を演じています。 二人とも今後が期待される若手有望株です。 嫉妬の化身 あらすじとみどころ アナウンサーの採用試験に落ちてしまい、お天気キャスターをしているナリは、同僚から冷めた目で見られようともプロデューサーの言うことには全て従い、スタッフからの雑用すら請け負いながらアナウンサーへの夢を諦めずに日々奮闘していた。 そんな時、3年前にずっと片想いをしていたイケメン記者ファシンと再会するナリ。 yapy. ラブコメではなかなかお目にかかれない斬新なストーリーと、予測不能な展開が売りで、これまでのラブコメとは一味も二味も違う作品となりました。 物語の序盤にして男のファシンが乳がんになり、自分のことを好きなナリと同室になるという驚きの展開に。 女性ばかりの乳がん病棟に一人だけ男がいて、しかも顔が知られたニュースキャスターだというシュールな状況に、笑っては不謹慎なのかもと思いながらも笑いを抑えられない展開です。 これまで、ファシンはナリのことをなんとも思ってなかったんですが、自分がナリに紹介したジョンウォンとの関係が親密になっていくのを目の当たりにして、遅まきながら嫉妬していくように・・・。 つまり、ただのお天気キャスターが看板キャスターと財閥御曹司に求愛されるお話なんです。 最初から意識していたわけじゃないのに、ライバルが現れたとたん焼きもちを焼きだすというのがとても面白く、非常にコメディ要素の強いドラマとなっています。 この3人以外にもドタバタのラブコメ展開満載ですので、24話と通常のミニシリーズより長い作品ですが飽きることなく夢中になれる作品だと思います。 不謹慎なエピソードをうまくコミカルに描き、ホームドラマ的要素もある、見だしたら止まらないドラマがこの「嫉妬の化身」なのです。 まとめ:はじめはコン・ヒョジンさんが振り向いてくれないチョ・ジョンソクさんに嫉妬する話なのかと思っていたんですが、実はヒョジンさんを巡りジョンソクさんとギョンピョさんが嫉妬しあうという斬新な設定でした。 ラブコメとして非常に素晴らしいドラマで、特に笑いに関しては群を抜いている作品です。 最後に 病気になることを笑ってはいけないと思いながらも、見事に嫌みのないコメディに仕上げていると思います。 この設定で視聴者が引いてしまえば、このドラマ終わりだろうに、攻めの姿勢で挑戦したことでこれまでのラブコメ作品の中でも抜群に笑える作品に仕上がりました。 主演の3人の見事な演技バトルも見どころですがそれ以外のメンバーも非常に濃く、ラブコメの他にもファミリーコメディの様な要素もありと、このシチュエーションをもっと見ていたいと思うぐらいの名作だと思いました。

次の

韓国ドラマ

嫉妬の化身

本作は同時間帯ドラマ視聴率No. 1も獲得した大ヒットロマンティックコメディです。 主演のコン・ヒョジンさんは本作の脚本も手掛けるソ・スクヒャンさんとタッグを組んだ「パスタ~恋が出来るまで~」や「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」など数々のヒット作があり、ラブコメの女王、視聴率の女王とも呼ばれています。 本作においても2016年SBS演技大賞最優秀演技賞(ロマンティックコメディ部門)を共演のチョ・ジョンソクさんと共に受賞しています。 チョ・ジョンソクさんは「ああ、私の幽霊さま」や「建築学概論」などが有名で、多くの映画やドラマで主演されています。 そして、「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でスターの仲間入りを果たしたコ・ギョンピョさんも多くの映画やドラマで活躍中。 今作で2016年SBS演技大賞ニュースター賞を受賞しています。 他にもソ・ジヘさんが特別演技賞、更にチョ・ジョンソクさんは10大スター賞も獲得し、結果合計5冠獲得となりました。 ちなみに、本作がチョ・ジョンソクさんとコ・ギョンピョさんの地上波ミニシリーズの初主演作品です。 このメイン3名以外にも多くのベテランや若手が登場しますが、その中でムン・ガヨンさんとアン・ウヨンさんに注目です。 ムン・ガヨンさんはドイツ生まれで10歳で子役デビューし、ドラマ、映画、CMなどで活躍し、2014年には東方神起のチャンミンさんと共演したMnet「Mimi」で初主演も飾っています。 アン・ウヨンさんは2015年ドラマ「錬金術師(恋金術師)」でデビューし、その後「風船ガム」や「ドキドキ再婚ロマンス~子どもが5人」で人気を集め、このドラマ以降では「力の強い女ト・ボンスン」でボンスンの双子の弟役を演じています。 二人とも今後が期待される若手有望株です。 嫉妬の化身 あらすじとみどころ アナウンサーの採用試験に落ちてしまい、お天気キャスターをしているナリは、同僚から冷めた目で見られようともプロデューサーの言うことには全て従い、スタッフからの雑用すら請け負いながらアナウンサーへの夢を諦めずに日々奮闘していた。 そんな時、3年前にずっと片想いをしていたイケメン記者ファシンと再会するナリ。 yapy. ラブコメではなかなかお目にかかれない斬新なストーリーと、予測不能な展開が売りで、これまでのラブコメとは一味も二味も違う作品となりました。 物語の序盤にして男のファシンが乳がんになり、自分のことを好きなナリと同室になるという驚きの展開に。 女性ばかりの乳がん病棟に一人だけ男がいて、しかも顔が知られたニュースキャスターだというシュールな状況に、笑っては不謹慎なのかもと思いながらも笑いを抑えられない展開です。 これまで、ファシンはナリのことをなんとも思ってなかったんですが、自分がナリに紹介したジョンウォンとの関係が親密になっていくのを目の当たりにして、遅まきながら嫉妬していくように・・・。 つまり、ただのお天気キャスターが看板キャスターと財閥御曹司に求愛されるお話なんです。 最初から意識していたわけじゃないのに、ライバルが現れたとたん焼きもちを焼きだすというのがとても面白く、非常にコメディ要素の強いドラマとなっています。 この3人以外にもドタバタのラブコメ展開満載ですので、24話と通常のミニシリーズより長い作品ですが飽きることなく夢中になれる作品だと思います。 不謹慎なエピソードをうまくコミカルに描き、ホームドラマ的要素もある、見だしたら止まらないドラマがこの「嫉妬の化身」なのです。 まとめ:はじめはコン・ヒョジンさんが振り向いてくれないチョ・ジョンソクさんに嫉妬する話なのかと思っていたんですが、実はヒョジンさんを巡りジョンソクさんとギョンピョさんが嫉妬しあうという斬新な設定でした。 ラブコメとして非常に素晴らしいドラマで、特に笑いに関しては群を抜いている作品です。 最後に 病気になることを笑ってはいけないと思いながらも、見事に嫌みのないコメディに仕上げていると思います。 この設定で視聴者が引いてしまえば、このドラマ終わりだろうに、攻めの姿勢で挑戦したことでこれまでのラブコメ作品の中でも抜群に笑える作品に仕上がりました。 主演の3人の見事な演技バトルも見どころですがそれ以外のメンバーも非常に濃く、ラブコメの他にもファミリーコメディの様な要素もありと、このシチュエーションをもっと見ていたいと思うぐらいの名作だと思いました。

次の