ご参加していただき。 是非・喜んで参加させていただきますは正しい敬語?参加する時のメール例文も

「参加させていただきたく存じます」の使い方や英語|類語の敬語も

ご参加していただき

この記事の目次• ご参加いただきありがとうございます の意味 「ご参加いただきありがとうございます」は「参加してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「参加してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご参加」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 参加 = 参加すること• すると「ご参加いただきありがとうございます」の意味は… 「参加してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご参加いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご参加いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご参加いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「参加」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「参加」に謙譲語「お・ご」で 「ご参加」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご参加いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「教示」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご参加いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご参加いただきありがとうございます」の使い方について。 文字どおり参加してもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご参加いただきありがとうございます」はとくに上司や目上・取引先に何かしら参加してもらったとき。 返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 イベントに参加してもらったとき。 -ビジネスメール例文- お世話になっております。 さて、弊社では今後のイベント企画に活かすことを目的とし、簡単なアンケートを実施しております。 よろしければ下記項目にご回答いただければ幸いです。 (中略) お忙しいところ大変恐れ入りますが、お力添えのほど宜しくお願い申し上げます。 のようにして使うと丁寧です。 まぁとにかく「参加してくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 敬語の種類としては以下のとおり。 もとになる語「参加してもらいありがとう」• 丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご参加いただきまして」• あるいは 「ご参加くださり、ありがとうございます」としてもOK。 あるいは単に「ご参加ありがとうございます」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 【例文】ご参加いただきありがとうございます のビジネスメール全文 つづいて「ご参加いただきありがとうございます」の使い方をビジネスメールの例文で紹介します。 目上・上司にかぎらず社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 ビジネスメール例文to社外:参加メールにお礼返信 【to社外・目上・取引先など】 参加メールをもらったあと。 さらに返信メールでお礼するメール例文。 このたびは弊社の主催するイベントにご参加いただけるとのこと、誠にありがとうございます。 ご不明な点がございましたら何なりとお申し付けください。 何卒よろしくお願い申し上げます。 (株)転職・ノマドでございます。 さて、弊社では今後のイベント企画に活かすことを目的とし、簡単なアンケートを実施しております。 よろしければ下記項目にご回答いただければ幸いです。 ————- メール署名 ————- 「ご参加いただき vs ご参加くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご参加いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご参加くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご参加いただく=参加していただく」なのか「ご参加くださる=参加してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご参加いただきありがとうございます」「 ご参加くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご参加 くださいますようお願い致します」 「ご参加 いただきますようお願い致します」 「ご参加 くださいますようお願い致します」 「ご参加 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導して くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご参加」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご参加いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご参加」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご参加」 お礼シーンだけじゃない「ご参加」の使い方。 ほかには何かしら目上や上司・取引先に「参加してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「 ご参加くださいますようお願い申し上げます」 意味は「参加してくれるようお願いします」• 例文「 ご参加のほどお願い申し上げます」 意味は「参加してくれるよう、お願いします」• 例文「 ご参加いただければ幸いです」 意味は「参加してもらえたら嬉しいです」• 例文「 ご参加いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「参加してもらいたいと思います」• 例文「 ご参加いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「参加してもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご参加いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「参加してね!よろしく」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご参加くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご参加くださいますよう お願いいたします」「ご参加くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご参加くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 ほかにも色々ある「ご参加」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の

「参加したい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

ご参加していただき

「是非参加させていただきます」という表現は「参加します!」という意思表示を丁寧に言った言葉になります。 それは参加が決定しているから言える言葉で、まだ参加できるか曖昧な時は違う表現になってきます。 参加が決定しているのであれば参加します。 参加いたしますという報告になりますね。 なので参加させていただきます。 は、参加できるという返事になり、参加できる事に感謝している事も表しています。 参加させてください。 という表現になると参加をお願いをしてることになり、まだ参加が決定になっていないような状態なので報告にはなりませんね。 (相手側がまだ承諾していない場合など) 是非参加させていただきます。 という表現は参加への意思が決定していて、参加できることに感謝や喜びを感じている。 と相手に伝えるのに最適な言葉ではないでしょうか。 そして前の文章からのつながりがあるならば「是非」の一言をつけたほうがつながりもいいですし、参加したい!という強い気持ちも表現できるのではないでしょうか。 「させていただく」は「させてもらう」の意味を持っています。 「是非参加させていただきます。 」は「是非参加させてもらいます。 」と同じ意味になるんですね。 それは相手の許可をもらっている(誘われた)からできる返事になります。 それは同時に相手を敬う表現になるんですね。 なので「是非参加させていただきます。 」という言葉自体が敬語になりますね。 「是非参加させていただきたく存じます。 」という表現の仕方もありますが、「存じます」は「思います」の謙譲語になります。 参加したいという意思を表明したいのに、~思います。 ではどこか曖昧な表現になってしまうのではないでしょうか。 「是非参加させていただきます。 」はその言葉自体が敬語になっているので、あえて謙譲語とかを無理に入れなくてもよいのではないでしょうか。 もし上司などに誘われた場合は? 前述と同じ企業採用者さんからのコメントです。 説明会の詳細がない場合でも前後は変わりますがやはり「是非参加させていただきます。 」ではなく「是非出席させていただきたいと思います」という表現になっていますね。 ですが説明会なのですから「参加」でも間違いではないと思います。 大事なのは相手への印象なのですから、言葉の裏に声をかけてくれてありがとうございます。 是非参加します。 という、感謝のきもちと意欲が含まれてればいいのではないでしょうか。 「出席」でも「参加」でもぶっきらぼうだったり、やる気のない返事では印象を悪くしてしまいますね。 一番注意しなくてはいけないのは、相手に好印象を与えるしゃべり方だったり文章だったりするのではないでしょうか。 その為には「出席」でも「参加」でも前後の文章が印象を大きく左右するのではないでしょうか。 大きな会場で合同説明会という企画もあります。 就活中は参加する人も多いでしょう。 一度に数社の説明を聞けて、非常に効率がいいですよね。 合同説明会をしても後日選考会があったり、その会社のみの説明会があったりもします。 それを合同説明会で案内してくれる場合もあります。 その場合はその会社の方と話しながら案内を受ける訳ですから、印象良く答えなければなりませんね。 明るい声でハキハキと「ありがとうございます。 是非参加させていただきます。 」と好印象を与えておくことが大事でしょう。 内定が決まるまで就活は続きます。 中には納得のいく企業の内定まで頑張る人もいるでしょう。 大変でしょうが就活中はいつも明るくハキハキと応答できるように心の準備をしておきましょう。 くれぐれもやる気のないような態度だったり返事はしない様に注意しましょう。 上記の例文は説明会の案内を頂いたメールでのお礼の例文になります。 例文の中では「必要書類持参の上お伺いいたします。 」とありますがそこはもう少し意欲を見せて「必要書類持参の上是非参加させていただきます。 」でもいいのではないでしょうか。 是非参加するという意欲がみられます。 その後の「お話を伺うのを楽しみにしております。 」にもつながりやすいのではないでしょうか。 もちろん「お伺いします」でもいいのですがあえて「是非参加させていただきます」を使ってもよさそうです。 ネットで「就活 例文」と調べるとたくさん出てきます。 でもそのまま使ったのではみんなと同じになってしまいオリジナリティがなくなってしまいますね。 自分はどこを強調したいのか考えて、文章を作ってもいいのかと思います。 その時に「是非参加させていただきます」はやる気を見せる上でもいい文章なのではないでしょうか。 日本語は美しいと思います。 普段使っているのでそうは感じないかも知れませんが、微妙な気持ちの表現をすることができる言語といえるでしょう。 相手との関係などで表現の仕方を変えたりするだけで、微妙な気持ちや敬意を伝えることができます。 日本語には英語などより言い回しが出来る表現が豊富にあります。 それが日本語は難しいと言われる所以なのでしょう。 「是非参加させていただきます」という言葉の裏にも参加できる喜びや意気込みが隠されているのではないでしょうか。 日本語には言葉に出す以外の思いやりなどの意味も含めた表現がたくさんあります。 今の流行りの言葉に惑わされないで綺麗な日本語を普段から使うように心掛けてみましょう。 前述してきた通り「是非参加させていただきます」という言葉は参加出来て嬉しいという思いと意気込みを含めた言葉ですね。 ~させていただきます。 という表現は昭和の初めに関西から使われはじめ、昭和30年頃から東京でも広まったようです。 日本では長い事武士の言葉が使われてきましたが、それが完全にすたれてきた頃に~させていただきます。 という言葉が出来たのでしょう。 歴史ある言葉とは言えないかもしれませんが、「是非参加させていただきます」という言葉は今のビジネスシーンなどによく似合い使われる言葉だと思います。 就活で活用するのはもちろんですが、社会に出た後も出番の多い言葉です。 その言葉の裏にある意味をきちんと考えながら正しく使いましょう。 内容紹介 日本語の乱れとはよく言うけれど、実生活で何も困っていないし私は大丈夫……などと、他人事に思っていませんか? 言葉遣いは知らず知らずのうちに、その人自身の品格をよくも悪くも大きく左右しています。 本書は〝品格ある日本語〟の使い方を色々な側面からレクチャーした一冊。 間違った敬語の使い方や若者言葉をはじめ、カタカナ語や専門用語の乱用など、品格ダウンの要素をピックアップ。 印象アップのための言い換え表現など解決法を教えます。 失敗しないスピーチの例文やメール術、デキると思わせる名フレーズや謝り方のポイントなど、ビジネスに使える実践的な知識も満載。 さらに、東大現役合格生に聞いた国語力マスターのカギを紹介します。

次の

イベント参加者へお礼状を出そう

ご参加していただき

LIVE教室の様子 6月14日(日)、今年度第1弾のオンラインオープンキャンパスを開催いたしました。 新型コロナウイルス対策のため、今回は初めてのオンラインでの開催となりましたが、午前と午後あわせて550名以上のたくさんの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。 今回は、大学概要ガイダンスと新入試説明のガイダンスをLIVE形式で行い、参加者のみなさんにアンケートを実施したり、リアルタイムでいただいた質問にも、回答させていただきました。 また、事前に収録した全学科の紹介動画も、多くの方々にご視聴いただきました。 オンライン個別相談会の様子 そのあとの、オンライン個別相談会は、事前申し込み制で、1対1でみなさまの相談に対応させていただきました。 なお、オンライン個別相談会は、6月19日(金)まで受けつけていますので、ご希望の方は、大学ホームページからお申込みください。 次回のオープンキャンパスは、7月19日(日)です。 実施方法につきましては、現在、検討中です。 決まりましたら、大学ホームページにUPいたしますので、ぜひ、ご確認ください。 みなさまのご参加をお待ちしております。

次の