犬用 キャリーバッグ 人気。 あなたのわんちゃんにおすすめのキャリーバッグはどれ?おすすめの犬用キャリーバッグ紹介

犬用キャリーバッグの選び方&おすすめ3選【2020年版】

犬用 キャリーバッグ 人気

犬用キャリーバッグの基礎知識 犬用キャリーバッグとは? 犬用キャリーバッグは、犬を中に入れて移動させる際に使うものです。 犬が落ち着ける空間にもなるので、一つ持っておくと大変便利。 ただ、犬用キャリーバッグと一口にいってもサイズもさまざまですし、素材によって過ごしやすさも変わってきます。 またキャリーバッグは、災害時の犬の避難用ハウスとして使うことも可能。 避難所では犬が好きな人ばかりではありませんし、自由に動きまわらせるわけにはいかないので、キャリーバッグに入れて管理しておくことが大切です。 【こちらもCHECK】犬用移動グッズに関連するおすすめ記事はこちら 犬用キャリーバッグのタイプ 犬用キャリーバッグには、大きく分けてハードタイプとソフトタイプの2種類があります。 ハードタイプは基本的に固めの素材でできており、ソフトタイプはやわらかめの素材でできているのが特徴。 では、具体的にはそれぞれどのような魅力があるのでしょうか。 ハードタイプ ハードタイプはポリプロピレンなどの固めの素材を使用しており、耐久性があるのがポイント。 壁などにぶつかって衝撃が加わったとしても、それがダイレクトに犬に伝わることがないので、精神的にも身体的にも負担をかけずに済みます。 ハードタイプは頑丈で、犬も落ち着いて過ごすことができるので、2〜3時間ほどの移動にもぴったり。 変形しにくく災害時にも使いやすいので、ひとつ持っておくと便利です。 また、形がしっかりしているため足場もグラつきにくく、身体的な負担も少なくて済みます。 ただし壁が固いので、犬が気にしているようならクッションを敷いてあげるといいでしょう。 ソフトタイプ ソフトタイプのキャリーバッグは、布でできているのが特徴です。 肌当たりがやわらかいので、犬が中でくつろぐことができるのがメリット。 飼い主との密着度も高いので犬も安心して休むことができますし、重量もないので運ぶ飼い主側にとっても使いやすいです。 ただしソフトタイプは衝撃に弱く、犬にダイレクトにダメージが加わるので、ストレスを溜めてしまうことがあります。 足場も安定しにくいため、身体的にも疲れやすく、長時間の移動には不向きです。 30分〜1時間程度を目安に使用するようにしましょう。 犬用キャリーバッグの人気メーカー 犬用キャリーバッグを選ぶ際には、ブランドで選定することも大切です。 有名なアイリスオーヤマやリッチェルはどちらも大手のメーカーで、玩具や給餌器、給水器などの製品を多数販売している実績のある会社。 人気があるのはハードタイプのキャリーバッグで、耐久性に優れているのでAmazonなどのランキングでも上位にランクインしています。 シンプルな作りで使いやすく、カラーもデザインもベーシックなので、どんな人でも使いやすいのが魅力です。 犬用キャリーバッグをはじめて買うならここを必ず押さえよう サイズ 犬用キャリーバッグを選ぶ際には、基本的にサイズを重視して選ぶことが大切です。 犬の体にあうサイズでないと犬が負担を感じてしまうことがあるので、気をつけなければなりません。 小さすぎると犬が中で自由に動くことができず、きつい体勢を強いられることもあるので、ストレスやケガなどにつながってしまいます。 反対に大きすぎると、犬が落ち着けずにストレスとなってしまうので注意が必要です。 犬用キャリーバッグを選ぶ際には、犬の体高や体長よりも一回り大きめのものを選ぶようにしましょう。 キャリーバッグは小型犬用と中型犬用があるので、犬の種類に応じてある程度絞ることができます。 入口のロックがきちんとできるものを選んだり、逃げ出し防止のフックなどがついているものを選んだりするといいでしょう。 なかには、チャックボタンを閉めて首だけ出せるようにできるアイテムもあります。 作りが雑な安価なものは、作りのしっかりとした質の高い高価なものと比べて縫製や素材・機能などの面で安全性に劣るので、リスクを減らすためにも質のよいものを選ぶようにしましょう。 例えばソフトタイプのキャリーバッグでは電車や新幹線などの交通機関に乗せられない場合があるので、しっかり確認してから購入することが大切です。 また、公共交通機関を利用する際には膝の上に乗せるなど、細かなルールがある場合もあるので、そちらもチェックしましょう。 ドライブに犬を連れて行くという場合には、ベルトつきでシートベルトに通せるようになっているものを選ぶ必要があります。 座席に固定できないと、急ブレーキをかけた際にサークルが落ちてしまう可能性もあるので、しっかりと固定しておくことが大切です。 犬用キャリーバッグの最安値と価格帯の特徴一覧 犬用のキャリーバッグの価格帯は、1,500〜10,000円ほどです。 最安値 売れ筋・人気 高額・高級品 価格 約1,500円~ 2,000円~6,000円 約8,000円~ 特徴 機能性が低く、用途も限られる 通気性がよいなど、犬が快適に過ごせるかどうかが考慮されている キャスターつきなど、機能性が充実 ハードタイプの小型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3 ここまで犬用キャリーバッグの選び方について紹介してきましたが、実際にはどんなものを選んだらいいのかわからないということもあるでしょう。 そこでここからは愛玩動物飼養管理士の資格を持つ筆者が、安全性や機能性などを重視したおすすめの商品を紹介します。 ドアは側面2方向についており、上部も開くことができるので、犬の出し入れをスムーズにすることが可能。 スピーディーに中に犬を入れることで、飼い主も犬もストレスを溜めずに移動できます。 側面のとびだは鋼鉄ワイヤーで作られており、本体もプラスチック製なので耐久性があるのが特徴。 頑丈なので、犬の体をしっかり保護することが可能です。 側面にはメッシュ状に穴が空いているので通気性もよく、犬も快適に過ごすことができます。 上下で取り外しができるようになっているので、使わないときの収納にも困りません。 5cm 耐重量:S(〜5kg)・M(〜12kg) 飛び出し防止機能:有 ペット総合ブランドとして知られるアイリスオーヤマのこの商品は、手持ちキャリー、ハウス、ドライブキャリーの3つの役割を担う便利なアイテムです。 上面の持ち手を持てば簡単に持ち運びができますし、取り外し可能なシートベルトフックを使えば車の座席に固定することも可能。 天井と側面の扉は取り外しできるので、ハウスとしておいておけば犬が自由に出入りして過ごすこともできます。 飛び出し防止のリードが2本ついているので、開けた際の急な飛び出しを防げるのもうれしいポイント。 上下に分解できる設計になっているので、汚れてきたら水洗いして清潔に保つことができるのも魅力です。 【こちらもCHECK】アイリスオーヤマ ドライブペットキャリーの動画はこちら Amazonの情報を掲載しています 機能性 安全性 耐久性 総合おすすめ度 サイズ:31. 5cm 耐重量:S(〜5kg)・M(〜8kg) 飛び出し防止機能:無 ペット用品ブランドとして人気の「リッチェル」が販売しているこの商品は、ワンタッチで左右どちらからでも扉を開閉できます。 ワンタッチロックで上下に分解できるので掃除も楽ですし、使わないときには上下を重ねてコンパクトにまとめて収納しておくこともできるので、とても便利です。 シングルドアタイプとダブルドアタイプの両方があるので、用途によって使い分けましょう。 ダブルドアタイプなら2方向にドアがついているので、サークルとつなげば居住スペースとしても使用でき、大変役立ちます。 シングルドアタイプは網状の開閉口が1つだけなのでサークル内を暗めに保つことができ、犬が落ち着いて過ごすことができます。 上部にはシートベルトを引っ掛けるフックがついているので、ドライブの際にもしっかりと座席に固定することが可能。 別売のショルダーベルトを使えば、肩にかけて楽に持ち運べます。 上部のメッシュ部分は全オープン式なので、犬を出し入れする際にもスムーズ。 新鮮な空気もしっかりと入るので、中で過ごす犬も快適です。 肩がけベルトがついているので、ショルダーバッグとしてもトートバッグとしても使用できるのもメリット。 長距離を移動するときには肩がけにして、飼い主の負担を軽減することもできます。 底面のマットの中には固い底版が入っており、防水素材を使用しているので、おしっこなどで湿ってもカビが生えることが少ないです。 取り外しが可能なので、いつでも清潔な状態にキープできるのはいいですよね。 使わないときには薄くたたんで収納できるのもうれしいポイント。 下敷き部分は取り外せるので、汚れたらすぐに洗濯をして、いつでも清潔な状態に保つことができるのがうれしいポイント。 暗いところに入れられるペットのストレスを考慮して、可視性の高いメッシュ素材を使用しており、外の景色を見やすいように設計されています。 通気性もよく中も蒸れにくいので、ペットも身体的ストレスを感じることなく過ごすことが可能です。 上部も開くので、ペットが疲れている様子なら頭だけ出させることができます。 収納ポケットが後ろについているのでリードなどの小物を入れておくことができますし、ショルダーストラップは長さの調節ができるので持ち運びしやすいのもメリット。 車で移動する際にはシートベルトを通すことができるので、座席にしっかり固定できます。 使わないときには底板をはずしてたたみ、コンパクトに収納できるのもうれしいポイントです。 側面3つと上面にはメッシュ加工が施されえいるので通気性もよく、ペットも快適に過ごすことができます。 サイドは外側に倒すことで空間を拡張できるので、ハウスのように使用するのにも便利です。 車のシートにつないだりショルダーバッグとして使ったり、キャリーバックや手持ちバッグとして使ったりなどの4way機能も便利。 防水タイプなので、雨の日の移動も不安なく行えます。 底面にはやわらかいマットが敷かれているので犬も過ごしやすく、飛び出し防止リードもついているので、飛び出し事故のリスクも下げることが可能です。 ハードタイプの中型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3 続いて、ハードタイプの中型犬用キャリーバッグを紹介します。 中型犬は大きくて一人で水平を保って持つのは大変ですが、二人でバランスよく持つことができれば、犬にもストレスをかけることなく運べます。 片側下部にはキャスターがついているので、取っ手を1つ持てば楽に転がして移動できるのもうれしいポイントです。 扉の開閉はワンタッチで行うことができ、左右どちらからでも開くことができるのも便利。 上部にはシートベルトを引っ掛けるためのフックがついているので、車で移動する際にもしっかり固定できます。 1位 アイリスオーヤマ エアトラベルキャリー Amazonの情報を掲載しています 機能性 安全性 耐久性 総合おすすめ度 サイズ:37. 飛行機に乗せるキャリーケースとして便利なアイテムで、飛行機の貨物に携わるIATA国際貨物輸送協会の定める基準をクリアしていので、不安なく乗せることができるでしょう。 取っ手つきなので持ちやすく、扉を外せばハウスとしておいておくこともできます。 水やご飯を入れる皿がついているので、こまめに水分補給などができるのもうれしいポイントです。 上下は分解できるので、使わないときにはコンパクトに収納することが可能。 ソフトタイプの中型犬用キャリーバッグおすすめ人気ランキングTOP3 最後に、ソフトタイプの中型犬用キャリーバッグを紹介します。 シートベルトを通すベルトもついているので、車移動の際に固定するのにも便利。 側面と天井部分にはメッシュ素材が使用されているので通気性もよく、入り口部分と反対側の窓部分は開閉できるので、出し入れや顔だけ出させるときにも役立ちます。 本体もファスナーつきで開閉でき、中敷を外して小さくたためば収納する場所にも困りません。 4輪キャスターもついているので、長時間の移動の際にも体に負担をかけることなく、楽にペットを運べるのもうれしいですよね。 4面にメッシュ素材が使われているので通気性もよく、蒸れにくいので夏場の移動でも犬のさほど負担をかけることはありません。 飛び出し防止機能がついているので事故を防ぐこともでき、使わないときにはパーツを分解してコンパクトに収納できるのも魅力です。 気をつけなければならないのは、犬がなかなか入ってくれないからといって、無理やり入れてしまうこと。 これをしてしまうと、犬はキャリーバッグに入ることに恐怖を感じて、近寄りすらしなくなってしまうことがあります。 犬がキャリーバッグに自然と入ってくれるように、飼い主側が工夫をして誘導することが大切です。 警戒心の強い子など、なかなか入ってくれないという場合には、おやつなどをキャリーバッグの中に入れて、犬が入ったら褒めておやつを与えてあげましょう。 そうすると犬は「ここに入るといいことがある」と学習し、次からは自分から入ってくれるようになりますよ。 ストレスが蓄積されると、最終的に体調を崩してしまうこともあるので気をつけなければなりません。 長時間の移動に犬を連れて行く場合にはぐったりしていないか、元気があるか、ということをこまめに確認してください。 臆病な犬の場合、慣れない土地を移動していることが不安で、怯えてしまうことがあります。 そのような様子が見て取れたら、犬を出して撫でてあげるなど、安心させてあげることが大切です。 犬用キャリーバッグは、手作りもできる! 犬用キャリーバッグはお店でもたくさん販売されていますが、自分で作ることもできるので、興味があれば試してみてください。 手作りできるキャリーバッグは基本的に布製ですが、身近にある素材で作れるので、家に余っている生地から使えそうなものを探してみるといいでしょう。 例えばジーンズや段ボール、タペストリーなどを縫いあわせたり貼りつけたりすることで簡単に作ることができます。 ただし、自分で作る場合には耐久性の面で不安が残るので、縫製は「これくらいかな?」と思うよりも頑丈にしておくことが大切です。 犬の足場となる底板を敷く際には、やわらかめのまな板などを使用するといいですよ。 手作りの商品は壊れやすいこともあるので、傷んでいるところがないか、破損しているところがないかということを毎日チェックしましょう。 Amazon&楽天の犬用キャリーバッグ人気ランキング Amazonや楽天の人気商品を知りたい方はこちらもチェック!.

次の

≪人気≫犬 小型犬 犬用 ベッド キャリー 〜7Kg 防災 キャリーケース 通院 アウトドア ドライブ用品 通年 カー用品 キャリーバッグ おしゃれ ブランド かわいい 返品交換不可 ★200円OFFクーポン対象★ 【予約商品 11月19日順次発送】ロゼッタ ドライブベッドキャリーの通販

犬用 キャリーバッグ 人気

愛犬とのお出かけや通院、 または 災害時などの非常事態に キャリーバッグがあると便利で安心ですよね。 でも、いざ購入しようと思っても 種類が多すぎていったいどれを選べば良いの!? そこで、この記事では キャリーバッグを選びきれないあなたのために 可愛くて使いやすいおしゃれなキャリーバッグを 10種類厳選してランキングにしました。 キャリーバッグの上手な選び方や 最近人気のリュックタイプ、 おすすめの ブランドもご紹介しちゃいます! 愛犬の大きさだけでなく、 性格もキャリーバッグ選びの基準になります。 犬のキャリーバック!おしゃれ&人気ランキングTOP10をご紹介! ではさっそくですが、 おしゃれなキャリーバッグTOP10をご紹介! どれもこれも 魅力的で 私もたくさん欲しくなっちゃいました。 それでは詳しく見ていきましょう。 第1位:マンダリンブラザーズキャリーバッグ 出典 おしゃれで可愛い犬用品ブランド、 マンダリンブラザーズのキャリーバッグです。 シンプルなトート型のキャリーバッグは おしゃれに厳しい愛犬家さんたちからも大人気。 しっかりとした素材で、可愛いだけでなく 安心して愛犬に使用できます。 豊富な通気口や 2重になった蓋、 大きな収納ポケットと機能性も抜群ですよ。 rakuten. 気持ち良く丈夫な ワッシャー素材で ファッションにも合わせやすく、 抱っこしているような位置で愛犬を支えるため 飼い主さんも愛犬もお互い安心です。 メッシュ素材のフタ付きなので 閉めれば 電車に乗ることも。 愛犬からも外の様子が伺えるので できるだけ ストレスをかけず移動できます。 洗濯ネットを使用すれば 洗濯機で洗うことも可能です! 第3位:Happy Tailsマシュマロクッションキャリーバッグ 出典 マシュマロクッションに囲まれた、 柔らかいソフトタイプのキャリーバッグです。 落ち着いたカラーで悪目立ちせず シンプルファッションや ナチュラル好きな飼い主さんにも大人気。 おしゃれなだけでなく 底部分には柔らかいリバーシブルクッション、 さらに ドライビングバッグとして 車の座席に固定することも出来るんです。 しっかりした素材で キュッとしているのが評価の分かれる所ですね。 しっかりと 安定してくれるので そわそわする愛犬は持ちやすいと思います。 第4位:ブロッサムリュックキャリー 出典 ブロッサムリュックキャリーはその名の通り、 リュックとして背負えるキャリーバッグです。 さらに、底面にキャスターがついているので ハンドルを引き出してカートとして、 ショルダーで肩掛けとしても使用できます。 カートのハンドルは 10度に傾けられるので 水平に移動でき愛犬にも安心です。 リュックやショルダーにしていて、 疲れたらカートでコロコロできるので 飼い主さんにも優しいキャリーバッグです。 第5位:宇宙船型リュックキャリー 出典 この形、見たことあるという人も いると思います。 海外で大人気の 宇宙船型のリュックです。 カプセルから覗く愛犬の顔は まさに惑星を旅する 宇宙飛行士のよう。 これでお出かけすれば 愛犬が注目の的になること間違いなしです! リュックの両側とカプセルの下が 通気口なので 新鮮な空気をいつでも取り込み、 愛犬が息苦しいなんてこともありません。 第6位:スリーピーポッド・スタンダード 出典 丸い形が珍しいスリーピーポッドは いつでも 愛犬の快適さと安全を考えた リビングスペースのようなキャリーバッグです。 内部には 水洗いできるフェイクファー付きで 愛犬も大満足な寝心地。 シートベルトで固定することもできるので ドライブボックスとして使用するのもおすすめ。 キャリーバッグでのお出かけに ストレスを感じてしまうちょっと 神経質な愛犬も 落ち着いて眠ってくれるのではないでしょうか。 第7位:リッチェル折りたたみキャンピングキャリー 出典 ハードキャリーなのに、 使わない時は ぺったんこに畳んで収納できます。 プラスチック製なので、 水洗い出来ていつでも清潔。 変わった四角の形は、車の中でも安定しやすく さらに シートベルト固定機能もついています。 両開き式なのも嬉しいポイントですね。 S・M・Lの3サイズあるので 超小型犬から大型犬まで対応しています。 rakuten. 写真のように、 上部のベッドを外せばキャリーになるので パニックになりやすい緊急時にも 落ち着いて使用することができます。 丈夫な 樹脂製で水洗いでき、いつも清潔。 普段使いすることで犬も慣れてくれやすいので キャリーバッグ嫌いな愛犬にもおすすめです。 rakuten. しかも 大きなポケットやボトルホルダー付き、 使用しない時は コンパクトに畳めるという 機能面もばっちりな商品です。 写真のピンクの他にも レッドとネイビーから選ぶことができます。 第10位:ペットキャリーGRAMP 出典 おしゃれなランキングということで、 10位になってしまいましたが 真っ先にご紹介したいほどの 便利な 多機能型キャリーバッグです。 非常時はキャリーバッグとして愛犬を運び、 避難所ではケージに早変わり。 持ち出し用に嬉しい 収納力と吸水口付き、 さらにリュックの他にも肩がけや 前抱き・手提げにして持つことができます。 普段はお部屋にハウスとして置いて慣らしたり、 移動中や使用していない時はケージ部分を コンパクトに収納できるので大変便利です。 犬のキャリーバッグの選び方とは? キャリーバッグは、 このランキングでお分かりのように 様々な 種類や形、素材、大きさがあります。 その中から最適なものの選び方は• 愛犬の犬種やサイズ• 使用する時の環境• 愛犬の性格 が重要なポイントです。 犬種やサイズによって 選び方が変わるのは当然ですが、 それだけではありません。 長時間移動するなら安定したハードタイプ、 サロンや通院、お散歩など「 ちょっとそこまで」 なら抱っこできるスリングタイプ、 車ならドライブボックスにもなるタイプ・・・ などなど、 使用環境によって 使いやすいものが違ってきます。 リュックタイプは飼い主さんの顔が見えないので 不安を感じやすい性格の愛犬には向きません。 キャリーバッグを選ぶときは 使用するときの状況を思い浮かべ、 安全で安心なものを優先的に選んでくださいね。 お出かけが多くて、行先も様々という人は タイプの違うキャリーバッグを 複数使い分けるのもおすすめですよ。 犬のキャリーバッグはリュックも人気!? 先ほどのランキングでもランクインした リュックタイプのキャリーバッグ。 キャリーバッグといえば プラスチックのハードタイプが主流でしたが、 ソフトタイプの人気が上がるにつれて リュックも注目されるようになりました。 愛犬の体重が少々重くても、 背中に背負うことでずいぶんと楽になります。 また、両手がふさがらないので 他にも荷物がある時や 災害時でも安全に使用できます。 ただしリュックのキャリーバッグを使用するには• 愛犬がキャリーに慣れていること• 中型犬までしか対応していないことが多い という条件があります。 キャリーバッグになれていない犬にいきなり 飼い主さんの顔の見えないリュックはストレス。 それに、リュック型キャリーバッグは 大型犬用というものはほとんどありません。 これらの条件を満たせているなら リュックはとても便利でおすすめできます。 犬のキャリーバッグのおすすめブランドは? この記事のランキングでも堂々の第1位に輝いた ペット用品ブランドの マンダリンブラザーズや アイリスオーヤマ、リッチェルなど 有名どころの ペット用品メーカーがおすすめ。 ネット通販などで価格の安いものを探せば ノーブランドや模造品のようなものもありますが 明らかに安値なものはおすすめできません。 キャリーバッグは犬を安全に、 安心して運ぶための商品なのに 安いもののなかには安全性に疑問のあるものや 安全のための基準を満たしていない、 そんな商品もあるんです。 安い物を一概に悪いとは言いませんが、 粗悪な物を購入してしまわないためにも 名の知れたメーカーや人気のブランドを 選んだ方が確実といえるでしょう。 まとめ 気になるキャリーバッグはありましたか? 実は私もずっと 犬や猫の通院用にソフトタイプの キャリーバッグを探していて、 でも 種類が多くて選びきれてないんです。 私と同じように 手作りを考えているなら、 次の記事がわかりやすくておすすめですよ。 に移動する 手作りって、 ぬくもりがあって良いですよね。 大切な愛犬のために、 ぜひ参考にしてくださいね。 では、最後にキャリーバッグに初めて入る、 もしくは 怖がってしまう愛犬向けの 訓練の動画をご紹介します。 犬のしつけや訓練は、 根気が必要です。 できた時は思い切り褒めてあげましょうね。

次の

≪人気≫犬 小型犬 犬用 ベッド キャリー 〜7Kg 防災 キャリーケース 通院 アウトドア ドライブ用品 通年 カー用品 キャリーバッグ おしゃれ ブランド かわいい 返品交換不可 ★200円OFFクーポン対象★ 【予約商品 11月19日順次発送】ロゼッタ ドライブベッドキャリーの通販

犬用 キャリーバッグ 人気

Amazonの情報を掲載しています ドッペルギャンガーの「マルチユースペットキャリー」には以下のような特徴があります。 自転車に積載できる• 安全性抜群• 3WAYバッグスタイル• ケージにもなる• 折りたたみ可能 それぞれの特徴をみていきましょう。 自転車に積載できる ドッペルギャンガーは乗り物好きな男性のための趣味空間を充実させるツーリング・ガレージング用品をプロデュースするブランドです。 「マルチユースペットキャリー」は身近な自転車に乗って、自宅から病院までスムーズにペットを連れて行けるよう願いが込められて開発されました。 自宅から病院までペットを運ぶのは、なにかと困難が生じます。 ペットにも飼い主にもストレスでしょう。 「マルチユースペットキャリー」なら持ち運びやすいことはもちろん、ペットも中で安心しやすい構造になっています。 安全性抜群 持ち運びやすくても、安全性に欠けるようであれば意味がありません。 もちろん「マルチユースペットキャリー」は安全性にも優れています。 まず自転車積載は5箇所のバックルを使用してシートポストやリアキャリアに固定するので、安定性は心配要りません。 そしてバッグ本体の底面に敷かれたマットが地面からの衝撃も吸収してくれます。 さらに出入り口のファスナーの引き手はオレンジに、サイドパネル展開のための引き手はブラックにそれぞれ色分けされており、誤操作でペットが飛び出さないように工夫されています。 またファスナーを開放することなくペットを確認できる視認性があるので、ペットも飼い主も安心です。 飛び出し防止のリードも内蔵されているので、安全性への追求が伺えます。 3WAYバッグスタイル 「マルチユースペットキャリー」は自転車に関係のないところでも便利です。 3WAYバッグスタイルということで以下の3つの持ち方ができます。 バックパックスタイル• ショルダーバッグスタイル• クラブバッグスタイル バックパックスタイルでは背負い、ショルダーバッグスタイルでは肩に掛け、クラブバッグスタイルでは直接手で持ちます。 3つのスタイルがあるので、自身の状況に合わせて持ち方を選ぶことが可能です。 ケージにもなる サイドファスナーを開けると、ペットケージに大変身します。 ペットケージスタイルは出先や旅先でも重宝するでしょう。 ファスナーをオープンするだけなので、元に戻すのも簡単です。 折りたたみ可能 様々な機能がついているにも関わらず、折りたたみ可能でコンパクトに収納可能です。 また折りたたみししても、形状維持に優れた構造なので型崩れしない強度が確保されています。 家の中で大きく場所を取ってしまうこともないでしょう。 しかし、思ったよりもサイズが小さすぎたという口コミも見られました。 小型犬だとしてもサイズをよく確認してから購入することをおすすめします。 いずれにしても、「マルチユースペットキャリー」のコンパクトさはとても便利です。 自転車に載せるつもりがなくても、コンパクトで多機能な「マルチユースペットキャリー」はたくさんの人やペットをサポートしてくれます。 MEIDAI「わんにゃん抱っこキャリー」 Amazonの情報を掲載しています スリング型のペットキャリーをお探しの方は、MEIDAIの「わんにゃん抱っこキャリー」がおすすめです。 以下のような特徴があります。 コンパクトに収納可能• 肩ひもの長さを調節可能• 窮屈感のないメッシュ素材• 飛び出し防止のフタ付きで安全 この中でも魅力に感じたのが、やはりコンパクトさです。 このようにコンパクトに収納できるスリングはあまり見かけません。 またカラーも2色の展開でどちらもシンプルでクールなデザインとなっています。 シンプルでコンパクトなペットスリングをお探しの方はぜひMEIDAIの「わんにゃん抱っこキャリー」をご検討ください。 ペットも飼い主も快適です。 犬用キャリーバッグ・スリングの選び方 犬用のキャリーバッグは、目的によって選びましょう。 犬用のキャリーバッグには様々な種類があり、それぞれ機能が異なります。 どんな場面で使いたいのか想像し、使い勝手や機能で選ぶのが良いです。 また、交通機関で使う場合には大きさや形状に規定がある場合があるので必ず確認をしてから購入してください。 選ぶ上でのポイントは以下の通りです。 サイズのチェックは慎重に• 迷った場合には顔を隠せる物を選ぶ• 犬用キャリーバッグの必要性 購入前にそれぞれチェックしましょう。 サイズのチェックは慎重に 犬用キャリーバッグは、愛犬に合ったサイズのものを選ぶことが大切です。 小さすぎると愛犬にとってストレスになりますし、逆に大きすぎると愛犬が中で動いてしまい怪我をする危険もあります。 犬用のキャリーバッグは、開封してしまうと犬の毛や匂いが付いてしまうことから返品交換を受け付けてくれない場合が多いです。 なので事前にサイズのチェックはしっかりしましょう。 愛犬と一緒に入れるペットショップで、実物をチェックしてから購入するのもおすすめです。 迷った場合には顔を隠せるタイプを選ぶ どのタイプのキャリーバッグを買うか迷った際には、愛犬の顔を隠せるタイプを選ぶと良いでしょう。 顔を出せるタイプもたくさん販売されていますが、顔を隠せるタイプを選んでおけば様々な場所で使うことができます。 公共機関や周りに配慮しなければならない場所では、愛犬の顔を隠す必要があるからです。 愛犬の安全性のためにも、どれにしようか迷った場合には顔を隠せるものをおすすめします。 犬用キャリーバッグの必要性 そもそもキャリーバッグは必要なのでしょうか? 旅行の予定がなければいらない気もしますが、小型犬や中型犬ならば持っていた方が良いでしょう。 キャリーバッグに入れて出かける予定がなくても、動物病院に連れて行く時に便利です。 愛犬が若いうちは病院に連れて行くこともあまりありませんが、老犬にもなると病院に連れて行く機会は増えます。 病院によっては入院の際にキャリーバッグに入れられることもあるので、普段からキャリーバッグに慣れておけば病院での愛犬のストレスが軽減されるかもしれません。 また見知らぬ場所に連れて行った時に、キャリーバッグの中なら安心するという仔もいます。 その他、キャリーバッグがあれば犬との行動範囲が広がって楽しいペットライフが送れるでしょう。 犬用キャリーバッグ・スリングの種類 犬用キャリーバッグの主な種類は以下の通りです。 ペットカート• ドッグスリング• リュック• トートバッグ• クレート• 設置型キャリー それぞれの特徴をみていきます。 ペットカート Amazonの情報を掲載しています ペットカートは、多頭飼いや長距離を移動するのにも便利です。 また、抱っこが難しい大きな犬用のカートもあります。 ベビーカーのようなタイプから、大きなバッグにタイヤがついてるタイプもあり多機能なものが多いです。 愛犬を入れるカゴの部分が取り外しできるものならば、旅先ではハウスとして使うことができます。 レインカバーがついているものを選べば、雨の日のお出かけにも便利です。 ペットカートは、交通機関によっては使用が許されていますが場所をとりますので混雑時には使用を控えた方が良いでしょう。 他のペット用キャリーバッグと比べると、重い上に家での収納にも場所を取るのが難点です。 メーカーによっては折りたためるタイプや軽量化がされておりますが、どうしても他のキャリーバッグよりも比較的大きくなってしまいます。 また、整備されていない道ではガタガタと愛犬に振動がいってしまうこともデメリットです。 抱っこが難しい大型犬や長距離を移動するのに使いたい方、家に収納スペースが確保できる広さがある方におすすめします。 ドッグスリング Amazonの情報を掲載しています ドッグスリングは、胸の前で愛犬を抱っこする形のバッグです。 犬用キャリーバッグの中では最も軽量で、かさばりません。 ポケットやバッグに入れておけば、使いたいときにサッと取り出して使うことができます。 両手が空くのでスマホ操作がしやすく、背中は空いているのでリュックが背負えるのが便利です。 人混みでも使いやすく、自転車に乗るときにも使えるでしょう。 初詣でドッグスリングに入ったトイプードルをみたことがありますが、とても可愛く大人しく収まっていました。 デメリットとしては、片方の肩に重心がくるので長時間だと辛いでしょう。 また新幹線やJRでは使うことができません。 小型から中型犬を飼っており負担なく抱っこをしたい方、他のキャリーバッグとの併用としてもおすすめです。 リュック Amazonの情報を掲載しています 犬用リュックは、背中で愛犬を背負うリュックです。 ドッグスリングと同様に両手を開けることができますし、新幹線で使えるものあります。 (ソフトタイプはNG) ペットカートを使うほどではないけれど、そこそこの距離を移動する際に便利です。 ドッグスリングよりも安定感があり、疲れにくいでしょう。 旅先では、ハウスとしても使うことができます。 しかし、犬用リュックは様々なパーツがついておりかさばるのがデメリットです。 形が崩れてしまうので、小さく畳めないものも多いでしょう。 またリュックの中に手足がぷらぷらと宙に浮くタイプのものがありますが、そのタイプだと愛犬に負担がかかるという意見があります。 小型から中型犬で、安定して愛犬を背負いたい方におすすめです。 トートバッグ Amazonの情報を掲載しています 犬用のクレートには、ソフトタイプとハードタイプがあります。 車や公共交通機関で安全に移動させるのに便利です。 縦・横・高さの合計が250cm以内で重さ30kgであれば新幹線に乗せることができ、会社によって規定は異なりますが飛行機にも乗せることができます。 家でも旅先でもハウスとして使うことができるので、愛犬にとってはいつも使っているハウスということで安心してくれるでしょう。 また入院中はクレートに入れられることが多いので、普段からクレートを使って慣れさせておくのにも良いです。 災害などで被災した時にも、クレートは役に立ちます。 しかし普段のお出かけにはややかさばりますし、ハードタイプは重いです。 ソフトタイプなら畳めるものもありますが、ハードタイプだと家で使用しない場合にはかさばります。 体重が軽い子はソフトタイプ、体重が重い子はハードタイプがおすすめです。 設置型キャリー 様々な乗り物に設置できるキャリーもあります。 自転車用• 車用 それぞれの設置キャリーを見ていきましょう。 自転車に設置できるキャリー.

次の