耐水用紙。 神レベルの耐水紙「ユポ」様の秘密って?水に強くて、破れにくい最強の合成紙について調べてみました

神レベルの耐水紙「ユポ」様の秘密って?水に強くて、破れにくい最強の合成紙について調べてみました

耐水用紙

Q 荷物の箱に貼るシールなどを印刷で作る事がありますが、 雨などで滲むようです。 レーザープリンターや水に強い特殊シールは高いので、却下なのですが、 インクジェットプリンターの条件で、 水に強い プリンターかインクなどありませんか? 教えてください。 そんなに高くなければ、購入してみたいと思います。 通常の用途は、利用の多い順で、 1. 普通紙の通常印刷(A4) 2. カラー印刷(A4) 3. シール類の印刷(名刺サイズ) 4. 年賀状(はがきサイズ) 5. その他カラー印刷(小サイズ) 6. 写真(写真サイズ L?) 今のインクジェットプリンターも劣化してきたので、 追加購入するか、買い替えるか考えています。 A ベストアンサー グーグルで探してみました。 製品を使ったことがないので、 どれぐらい防水効果が持続するのかは判りません。 すみません。。。 toway. eonet. ハケとかまで売ってます。。。 検索サイトで「防水材」や「防水剤」と入力すると、 色々出て来ますので、参考にしてみて下さい。 paint-okajima. html A ベストアンサー 既に回答があるように、顔料インク採用のモデルは耐水性を持っています。 ただし、印刷直後からレーザープリンタほどの耐水性はなく、印刷後一定時間を置かないとインクは完全定着しませんので注意が必要です。 また、顔料系インクは染料系ほど透明度ある綺麗な印刷はできないという欠点があります。 (美しい光沢印刷や写真印刷が染料に比べて苦手) また、機種によっては印刷速度が染料のインクジェットより遅くなります。 (これは、染料系と異なり透明度が低い顔料は印刷パス数が増えるためです) 尚、数万単位の大量印刷する場合は基本的にレーザーの方がまだ良いです。 顔料対象プリンタは、カラー全色顔料印刷でEPSON製がPX-FA700、A740、A640、PX-V780、PX-G930、G5300、5600、5800が該当します。 CANONはPixus Pro9500、MX7600が全色顔料です。 残りの機種でBCI-9BKの黒インクが使えるモデルと下位機種の一部は、全て黒インクのみ顔料です。 黒のみの印刷が主ならCANONでも良いでしょう。 (尚、ここに記載の機種はカラリオ、ピクサスに限ってます。 その他の機種は各社のページで確認してください) 既に回答があるように、顔料インク採用のモデルは耐水性を持っています。 ただし、印刷直後からレーザープリンタほどの耐水性はなく、印刷後一定時間を置かないとインクは完全定着しませんので注意が必要です。 また、顔料系インクは染料系ほど透明度ある綺麗な印刷はできないという欠点があります。 (美しい光沢印刷や写真印刷が染料に比べて苦手) また、機種によっては印刷速度が染料のインクジェットより遅くなります。 (これは、染料系と異なり透明度が低い顔料は印刷パス数が増えるためです) 尚、数万... A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の

ノート・レポート・紙製品はオキナ株式会社

耐水用紙

Q 荷物の箱に貼るシールなどを印刷で作る事がありますが、 雨などで滲むようです。 レーザープリンターや水に強い特殊シールは高いので、却下なのですが、 インクジェットプリンターの条件で、 水に強い プリンターかインクなどありませんか? 教えてください。 そんなに高くなければ、購入してみたいと思います。 通常の用途は、利用の多い順で、 1. 普通紙の通常印刷(A4) 2. カラー印刷(A4) 3. シール類の印刷(名刺サイズ) 4. 年賀状(はがきサイズ) 5. その他カラー印刷(小サイズ) 6. 写真(写真サイズ L?) 今のインクジェットプリンターも劣化してきたので、 追加購入するか、買い替えるか考えています。 A ベストアンサー グーグルで探してみました。 製品を使ったことがないので、 どれぐらい防水効果が持続するのかは判りません。 すみません。。。 toway. eonet. ハケとかまで売ってます。。。 検索サイトで「防水材」や「防水剤」と入力すると、 色々出て来ますので、参考にしてみて下さい。 paint-okajima. html A ベストアンサー 既に回答があるように、顔料インク採用のモデルは耐水性を持っています。 ただし、印刷直後からレーザープリンタほどの耐水性はなく、印刷後一定時間を置かないとインクは完全定着しませんので注意が必要です。 また、顔料系インクは染料系ほど透明度ある綺麗な印刷はできないという欠点があります。 (美しい光沢印刷や写真印刷が染料に比べて苦手) また、機種によっては印刷速度が染料のインクジェットより遅くなります。 (これは、染料系と異なり透明度が低い顔料は印刷パス数が増えるためです) 尚、数万単位の大量印刷する場合は基本的にレーザーの方がまだ良いです。 顔料対象プリンタは、カラー全色顔料印刷でEPSON製がPX-FA700、A740、A640、PX-V780、PX-G930、G5300、5600、5800が該当します。 CANONはPixus Pro9500、MX7600が全色顔料です。 残りの機種でBCI-9BKの黒インクが使えるモデルと下位機種の一部は、全て黒インクのみ顔料です。 黒のみの印刷が主ならCANONでも良いでしょう。 (尚、ここに記載の機種はカラリオ、ピクサスに限ってます。 その他の機種は各社のページで確認してください) 既に回答があるように、顔料インク採用のモデルは耐水性を持っています。 ただし、印刷直後からレーザープリンタほどの耐水性はなく、印刷後一定時間を置かないとインクは完全定着しませんので注意が必要です。 また、顔料系インクは染料系ほど透明度ある綺麗な印刷はできないという欠点があります。 (美しい光沢印刷や写真印刷が染料に比べて苦手) また、機種によっては印刷速度が染料のインクジェットより遅くなります。 (これは、染料系と異なり透明度が低い顔料は印刷パス数が増えるためです) 尚、数万... A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の

キヤノン:耐水ポスター合成紙(マット)

耐水用紙

そこで、インクジェットプリンターとレーザープリンター、それぞれ専用の代表ラベルシールで、耐水実験をしてみました。 比較実験するラベルシール6種 表面基材(ラベルの表面の素材のことです)が、紙ベース、合成紙ベース、フィルムベースのもので、インクジェットプリンター専用とレーザープリンター専用で以下6種類を用意しました。 表面にインクジェット専用の塗工がしてあるため綺麗に写真や文字が印字できるのが特徴のシールです。 耐水合成紙 インクジェット(ユポタック)の特徴 インクジェットプリンター専用の合成紙ベースのラベルシール(ユポタック)です。 ユポタックは、主原料のポリプロピレンに、無機顔料や添加剤などの特殊な原料を配合し多層構造にした合成紙です。 水や雨に濡れても、強度が弱まったり、紙の形状が変化することはほとんどないと言われている耐水シールです。 耐水フィルム インクジェット(耐水光沢フィルムラベル)の特徴 インクジェットプリンター専用のフィルムベースのラベルシール(耐水光沢フィルムラベル)です。 耐水性、耐光性に優れ、屋外でも使用できる耐水シールです。 紙 レーザー(MS上質紙ラベル)の特徴 レーザープリンター専用の上質紙ベースのラベルシール(MS上質紙ラベル)です。 コピー用紙の質感に近い非塗工のラベル用紙です。 耐水紙 レーザー (MS耐水紙ラベル)の特徴 レーザープリンター専用の紙タイプの耐水ラベル(MS上質紙ラベル)です。 耐水性のある紙素材のシールです。 耐水フィルム レーザー (MS完全耐水ラベル)の特徴 レーザープリンター専用のフィルムタイプの完全耐水ラベル(MS完全耐水ラベル)です。 水に濡れても剥がれたり、破れたりすることが耐水性の高いラベルです。 耐水ラベルシールの仕組み ラベルシールは、一般的に表面基材、粘着剤、剥離紙・剥離フィルムの3層構造になっています。 (場合によって、表面素材の上にラミネートフィルムを貼り4層構造とするケースもあります。 ) 表面基材とは 主に紙とフィルムに分けられます。 表面基材の素材によって、耐水性があるもの、耐久性があるもの、耐熱性があるものと特徴に違いがあります。 耐水性があるものは、表面基材がフィルム系のユポ、PETとなります。 紙基材:上質紙、アート紙、ミラーコート紙、マットコート紙など フィルム基材:ユポ、PET、PP、塩ビなど 粘着剤とは シールについている糊の部分で、剥がれにくい強粘着タイプ、剥がしやすい再剥離タイプ、剥がした後に再度貼り付ける再貼り付けタイプ、保存に耐える粘着糊の冷食タイプがあります。 剥離紙とは シールの糊面が付着せずシールを保護する紙の台紙を剥離紙(セパレーター)といいます。 シールを使う時に、この剥離紙を剥がして、被着体に貼り付けます。 貼り付けする被着体(容器)を4種類用意しました 耐水シールは一般的に ・食品飲料、薬品などの容器やビン ・シャンプーボトル ・お弁当箱や水筒 ・水回りの値札やラベル ・屋外のポスターや案内板 ・選挙ポスター ・屋外のサインシール(工事現場の看板、警告銘板、定格銘板) ・機械に貼り付けるステッカー ・耐水性が求められる商品ラベル で使用されことから、これらの被着体に近い材質の容器を以下4種類用意し、耐水力にどれくらい変化があるのかを実験することにしました。 (どのシールも平等にまんべんなく水をかける。 ) この耐水実験では、 粘着性(シールが剥がれていないか) シールの状態(水でふやけてないか、破れてないか) を比較することで、どの耐水シールが水濡れ、雨に負けない強いシールなのかを判定します。 プラスチック容器で耐水実験 5分間水をかけます。 ガラス瓶で耐水実験 5分間水をかけます。 アルミ缶で耐水実験 5分間水をかけます。 ステンレス容器で耐水実験 5分間水をかけます。 実験まとめ 今回の実験結果で、プラスチック、缶、瓶、ステンレスなどに耐水シールを貼った時の、シールの粘着性と品質性ともに優れているのは・・・ インクジェットなら、 耐水合成紙(ユポタック)もしくは、 耐水フィルム(耐水光沢フィルムラベル) レーザーなら、 耐水フィルム(MS完全耐水ラベル)だとわかりました。 また、耐水加工を施していない一般的なラベルシールは、すぐふやけてしまい、剥がれやすくなることがわかりました。 インクジェット用耐水シールなら、耐水合成紙(ユポタック)or 耐水フィルム インクジェット用の耐水シールですが、耐水合成紙(ユポタック)と耐水フィルム(耐水光沢フィルムラベル)両方とも、水にふやけてふにゃふにゃにならず、破けたり、剥がれたりしない最強の耐水シールでした。 詳しくはこちら >> レーザーなら、耐水フィルム(MS完全耐水ラベル) レーザープリンター用の紙ベースの耐水シールでは、少し水でふやけてしまいましたが、 耐水フィルム(MS完全耐水ラベル)では、水でふやけることなくしっかりと被着体に貼り付き、完璧な耐水力でした。

次の