ジェット スター コロナ ウイルス。 【キャンセル無料】コロナウィルスのJetstarの特別措置を受ける方法

新型コロナ LCC「ジェットスター」キャンセルと特別対応(国際線・国内線)

ジェット スター コロナ ウイルス

LCC「ジェットスター」が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、 航空券の取り扱いで特別対応を実施する中で、便の振替または、 「バウチャー」での返金を行っています。 このバウチャーとは、如何なるものなのか。 現金とは何が違うのか。 特別対応でのバウチャーは通常とは異なる? 今回の特別対応も含めたジェットスターの「バウチャー」の、 正しい使い方をご紹介します。 ジェットスターの「バウチャー」には数種類ある まず、ジェットスターが発行する「バウチャー」には、 いくつかの種類があります。 それぞれ詳しくは、次以降の項目で説明します。 自社商品などに対し、現金の代わりに支払いが可能。 ANAの「ANAスカイコイン」、JALの「e JALポイント」や、 peachの「ピーチポイント」とほぼ同様です。 「フライトバウチャー」とは まず 「フライトバウチャー」について。 足らない分は追加で支払えばOK、余った分は没収です。 その他の注意点は以下。 「機内バウチャー」とは 次に 「機内バウチャー」について。 フライトバウチャーとは別物なので要注意。 エコノミークラスの運賃で予約した際、機内での飲食や、 機内販売商品の購入で利用できます。 交換等も不可 ジェットスターの航空券を購入した際、バウチャーが、 付いてくる場合があります。 その時は、搭乗した便の機内で必ず使い切りましょう。 自分もいつもスナックとか、必死に使い切ってます….. ! 4. 新型コロナでの特別対応用フライトバウチャー そして 「特別対応用フライトバウチャー」は、 通常のフライトバウチャーとは異なります。 特に、新型コロナ関連で発行されたバウチャーは、 こちらに該当するので、くれぐれもご注意を。 できれば使い切るのが、最もベストな方法です。 路線、運賃プランの指定などはないので、できれば、 融通が利く運賃プランでの再予約がおすすめ。 【まとめ】 ジェットスターをはじめ、親会社のカンタス航空も、 バウチャーを積極的に活用しています。 利用者からすると、現金で全額返金がありがたいのが本音。 でも、何も返ってこないよりはありがたい。 ジェットスターは、日本の主要な観光地のほか、 地方にも路線網が多いLCCです。 今まで行ったことがなかった場所に敢えて行く、 というのも良いです。 新たな発見ができる! せっかく手に入れたバウチャー、使わないともったいない。 額面ピッタリに近い金額で使い切れるよう、旅行プラン、 練ってみてください。 115•

次の

お問い合わせ

ジェット スター コロナ ウイルス

期間中で最も減便するのは20日と27日、28日の3往復6便で、20日と28日は5往復10便、27日は4往復8便の運航となる。 減便対象となる5往復10便のうち、月曜と金曜、土曜、日曜に運航する成田発のGK105便と札幌発のGK102日は、11往復22便を減便。 8日と9日、13日、15日、16日、20日から23日、27日、28日は欠航となる。 月曜と土曜のほか特定日のみに運航する成田発のGK107便と札幌発のGK104便は、14日のみの1往復2便を減便する。 月曜以外に運航する成田発のGK109便と、札幌発のGK106便は4往復8便が減便となり、10日と12日、24日、26日は運航しない。 毎日運航する成田発のGK113便と札幌発のGK110便は、8往復16便が減便となる。 11日と13日、18日、20日から22日、27日、28日は欠航となる。 同じく毎日運航する成田発のGK127便と札幌発のGK126便は、16往復32便を減便。 期間中は11日と13日、18日、21日、22日のみ運航する。 手数料免除で払い戻し 国内線は、手数料を徴収せずに変更や払い戻しに応じる。 対象となるのはジェットスター・ジャパンが運航する、3月5日から31日までに出発する便で、便名が「GK」で始まるもの。 4月28日までの同社が運航する同区間便に振り替えるか、フライトバウチャーで払い戻す。 申請期限は3月19日まで。 関連リンク ジェットスターの一時運休 ・(20年3月3日) ・(20年2月21日) ・(20年2月14日) ・(20年2月4日) ・(19年12月6日) JALとANAの国内線対応 ・(20年3月5日) ・(20年3月4日) 航空券対応 ・(20年3月2日) ・(20年2月28日) JAL国際線への影響 ・(20年3月3日) ・(20年2月27日) ・(20年2月18日) ・(20年2月6日) ・(20年2月4日) ・(20年1月31日) ANA国際線への影響 ・(20年2月25日) ・(20年2月20日) ・(20年2月13日) ・(20年2月6日) ・(20年1月30日) ・(20年1月30日) ・(20年1月29日) 大手2社以外への影響 ・(20年3月3日) ・(20年3月4日) ・(20年3月2日) ・(20年2月27日) ・(20年2月12日) ・(20年2月5日) 海外の航空各社の運休 ・(20年3月5日) ・(20年3月3日) ・(20年3月1日) ・(20年2月26日) ・(20年2月19日) ・(20年2月10日) 各空港でも影響 ・(20年3月2日) ・(20年2月29日) ・(20年2月27日) 中国やインドの対応 ・(20年3月4日) ・(20年3月3日) セントレアの検疫で感染者確認 ・(20年3月4日).

次の

【新型コロナ】航空券の払い戻し・返金の条件や方法まとめJAL・ANA・LCC|Mahiyu's blog

ジェット スター コロナ ウイルス

コロナの払い戻しを受けるには 僕がとった方法はこちらです。 まずはログインしましょう! まずはJetstarのHPからしましょう。 公式HPの説明通りにはならない!サポートへ連絡しよう! 僕は何度も試したのですが、公式HPの説明通りにはなりません。 ログイン後に右上の🔍のアイコンをクリックしましょう! そうするとサポートに連絡できます。 サポートの「ジェッ太におまかせ!」の質問するをクリックしましょう。 質問に【コロナ】と入力し、送信しましょう!! オンラインフォームから申請しよう!! 送信すると、スクリーンショットのように返答があります。 ここでオンラインフォームがでてきます。 このから申請します。 オンラインフォームの入力の方法 予約情報を入力し、払い戻し理由を記入し、連絡しましょう!! あとはJetstarからの返事を待てばよいだけです!! わかりにくいので、こちらを参考にしてもらえればうれしいです!! 最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介 僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。 どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。 Skyscanner(スカイスキャナー) というサイトを使っています。 これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。 僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。 とりあえず、これで検索しておけば問題ない。 Booking. com(ブッキングドットコム) (ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。 特にヨーロッパ・アメリカに強いです。 宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。 エポスカード このエポスカードは がついているクレジットカードです。 海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。 短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。 しかも年会費無料なので、作って損はなし。 の詳細はこちら。 レンタルWiFi(jetfi) というレンタルWiFiです。 よりも安いのが特徴です。 レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。 トリップアドバイザー は海外の情報を集めるのに使っています。 日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。 LINEモバイル 旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。 海外に長くいても携帯代が安いはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

次の