ブロードバンド スピード テスト。 速度測定システム Radish Network Speed Testing Ver. 5.7.3.1 β

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

ブロードバンド スピード テスト

Broadband Networking Report iPhone、iPadでの測定の際は、をご利用下さい New! 2010年8月1日 を更新いたしました。 更新日の直近7ヶ月のデータを利用して統計情報を作成しております。 2004年2月28日 の測定ホストにOCNを追加いたしました。 現在5社のISPを利用しております。 2007年1月6日。 2002年10月4日 :Bフレッツ ベーシックタイプで、固定IPを導入。 unnumbered対応ルーター、X-ONU、ブロードバンドルーター等に関する情報。 2002年3月4日 :下り速度測定をFlashを利用した仕組みに変更しました。 混雑などによりパケットロスがあっても回線能力を測定可能です 2002年2月22日 :BNRスピード測定で、収集されたデータを解析。 (回線種別、地域別、プロバイダ毎の速度結果など) このページは、随時更新をおこないブロードバンドに関する最新の情報を提供いたします。 (このサイトはリンクフリーですので、リンクはご自由にお願いいたします。

次の

BNRスピードテスト 画像読込み版(iPad iPhone などのFlash非対応版)

ブロードバンド スピード テスト

Contents• インターネットの速度テストのやり方 インターネットの速度テストのやり方は、パソコンとスマホで異なります。 パソコンではブラウザを使用し、計測することになります。 サイトによっては、特定のブラウザでは正常に作動しないケースがあります。 もしブラウザで行えない場合は、利用するブラウザを変えるか、当該サイトとは違うサイトで測定を行うとよいです。 「インターネット 速度テスト」等のキーワードで検索を行うと、通信状況を確認できるサイトを見つけられますので活用しましょう。 インターネットの速度テストが行える、おすすめサイトを次の項目で紹介しますので、参考になさってください。 スマホであればブラウザ以外にも、アプリを使用することにより、インターネットの速度テストを行えます。 アプリをダウンロードする手間があるものの、定期的に通信状況のチェックを行うのであれば、ブラウザで速度測定するよりも手軽に行えるメリットがあります。 「App Store」や「Google Play」で、「インターネット 速度測定」等でキーワード検索を行うことにより、通信状況の確認が行えるアプリを見つけることが可能です。 おすすめ速度テストサイト つづいて速度テスト行えるおすすめサイトをご紹介していきます。 1つのサイトだけでなく複数のサイトを活用すれば、より詳細な通信状況を計測できるでしょう。 BNRスピードテスト サイトのインターフェイスは簡素ではあるものの、短い時間で速度測定が可能なサイトです。 Flash未対応機器であれば、画面中ほどに表示されている「画面読み込み版」をクリックすることにより、速度テストを行えます。 musen-lan. 手軽さという点では他のサイトと比較すると一歩劣りますが、当該サイトには「自分のエリアの結果を閲覧」するという機能があります。 周辺エリアの速度を視覚化でき、自分の環境がどの程度の通信状況なのか、イメージする助けとなるでしょう。 bspeedtest. 速度テストが行えない場合は、JavaScriptで測定が可能である「Version5 ベータ版」を利用すれば、テストを行える可能性があります。 studio-radish. パソコン、スマホを買い替える 1つ目の対処法がパソコン、スマホなどの端末を買い替えることです。 CPU、メモリの性能やストレージの空き状況により、通信状況が変化する可能性があります。 もし端末を買い替えることにより通信状況が改善するのであれば、通信端末のパワー不足が要因となり、インターネットの速度が遅くなっていると考えられます。 ルーターなどの接続機器を見直す 2つ目がルーターなどの接続機器を見直す方法です。 ルーターだけでなくLANケーブルも通信状況に影響を及ぼします。 特にLANケーブルはCat5(カテ5)以前の規格では、最大で100Mbpsまでしか通信速度が出ない仕様となっています。 Cat6(カテ6)以上のLANケーブルや、通信速度が速いルーターへの見直しをすることにより、インターネットの速度が改善する可能性があります。 プロバイダを変更する 3つ目がプロバイダの変更です。 契約しているプロバイダやプランによって、通信速度に制限が発生するケースがあります。 通信費用は毎月発生するものですので、現在の通信状況に不満があるのであれば、予算と相談し、通信環境の良いプロバイダやプランへの乗り換えを検討するのも選択肢の1つです。 まとめ:通信速度を確認し、適切な対処法をしよう インターネットの速度テストのやり方とおすすめサイトについて解説してきました。 通信状況の確認方法について、理解が深められたのではないでしょうか。 インターネットをするときに不自由を感じている場合、それが改善可能なものなのかチェックしなければなりません。 パソコンやスマホ、ルーターなどのハードウェアに関する要因か、プロバイダに代表される通信環境に関する要因かによって、対処法は異なります。 インターネットの速度テストを活用し、通信環境の改善に努めたいところです。

次の

ネット回線速度の目安や平均は?快適な下り上りの通信速度をチェック

ブロードバンド スピード テスト

Contents• インターネットの速度テストのやり方 インターネットの速度テストのやり方は、パソコンとスマホで異なります。 パソコンではブラウザを使用し、計測することになります。 サイトによっては、特定のブラウザでは正常に作動しないケースがあります。 もしブラウザで行えない場合は、利用するブラウザを変えるか、当該サイトとは違うサイトで測定を行うとよいです。 「インターネット 速度テスト」等のキーワードで検索を行うと、通信状況を確認できるサイトを見つけられますので活用しましょう。 インターネットの速度テストが行える、おすすめサイトを次の項目で紹介しますので、参考になさってください。 スマホであればブラウザ以外にも、アプリを使用することにより、インターネットの速度テストを行えます。 アプリをダウンロードする手間があるものの、定期的に通信状況のチェックを行うのであれば、ブラウザで速度測定するよりも手軽に行えるメリットがあります。 「App Store」や「Google Play」で、「インターネット 速度測定」等でキーワード検索を行うことにより、通信状況の確認が行えるアプリを見つけることが可能です。 おすすめ速度テストサイト つづいて速度テスト行えるおすすめサイトをご紹介していきます。 1つのサイトだけでなく複数のサイトを活用すれば、より詳細な通信状況を計測できるでしょう。 BNRスピードテスト サイトのインターフェイスは簡素ではあるものの、短い時間で速度測定が可能なサイトです。 Flash未対応機器であれば、画面中ほどに表示されている「画面読み込み版」をクリックすることにより、速度テストを行えます。 musen-lan. 手軽さという点では他のサイトと比較すると一歩劣りますが、当該サイトには「自分のエリアの結果を閲覧」するという機能があります。 周辺エリアの速度を視覚化でき、自分の環境がどの程度の通信状況なのか、イメージする助けとなるでしょう。 bspeedtest. 速度テストが行えない場合は、JavaScriptで測定が可能である「Version5 ベータ版」を利用すれば、テストを行える可能性があります。 studio-radish. パソコン、スマホを買い替える 1つ目の対処法がパソコン、スマホなどの端末を買い替えることです。 CPU、メモリの性能やストレージの空き状況により、通信状況が変化する可能性があります。 もし端末を買い替えることにより通信状況が改善するのであれば、通信端末のパワー不足が要因となり、インターネットの速度が遅くなっていると考えられます。 ルーターなどの接続機器を見直す 2つ目がルーターなどの接続機器を見直す方法です。 ルーターだけでなくLANケーブルも通信状況に影響を及ぼします。 特にLANケーブルはCat5(カテ5)以前の規格では、最大で100Mbpsまでしか通信速度が出ない仕様となっています。 Cat6(カテ6)以上のLANケーブルや、通信速度が速いルーターへの見直しをすることにより、インターネットの速度が改善する可能性があります。 プロバイダを変更する 3つ目がプロバイダの変更です。 契約しているプロバイダやプランによって、通信速度に制限が発生するケースがあります。 通信費用は毎月発生するものですので、現在の通信状況に不満があるのであれば、予算と相談し、通信環境の良いプロバイダやプランへの乗り換えを検討するのも選択肢の1つです。 まとめ:通信速度を確認し、適切な対処法をしよう インターネットの速度テストのやり方とおすすめサイトについて解説してきました。 通信状況の確認方法について、理解が深められたのではないでしょうか。 インターネットをするときに不自由を感じている場合、それが改善可能なものなのかチェックしなければなりません。 パソコンやスマホ、ルーターなどのハードウェアに関する要因か、プロバイダに代表される通信環境に関する要因かによって、対処法は異なります。 インターネットの速度テストを活用し、通信環境の改善に努めたいところです。

次の